ユーピーアール/製品輸送・保管・管理サービス「スマートパレット」の効率 的な運用実現に向けNTT Com の IoT Platform「Things Cloud」を導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ユーピーアール/製品輸送・保管・管理サービス「スマートパレット」の効率 的な運用実現に向けNTT Com の IoT Platform「Things Cloud」を導入

ユーピーアールの製品輸送・保管・管理サービス「スマートパレット®」の効率 的な運用実現に向け、NTT Com の IoT Platform「Things Cloud®」を導入

~世界初導入の 920MHz アクティブ RFID を活用し、タグ情報を瞬時に把握~

ユーピーアール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒田 義矢、以下 ユーピ ーアール)は、物資の在庫把握/入出庫管理などをクラウド上でリアルタイムに管理できるサー ビス「スマートパレット®」の効率的な運用を目的に、NTT コミュニケーションズ株式会社(本 社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下 NTT Com)が提供する IoT Platform サービス「Things Cloud®」と、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」を、2018 年 2 月 27 日より導入します。

1. 背景・概要

物流業界では、製品を輸送・保管するパレットの紛失問題や、ハンディスキャナを用いた入出 荷作業、目視による棚卸業務作業など倉庫管理のコストが大きな課題です。ユーピーアールは、 これらの課題を解決するため、入出荷時間や正確な在庫データをリアルタイムに把握できる、ク ラウド型パレット管理サービス「スマートパレット®」を、920MHz アクティブ RFID※1 を活用 したサービスとして実用化し、2014 年に世界で初めて※2 国内の大手企業のお客さまに提供開始 しました。 近年、多くの企業で IoT 活用が進む中、ユーピーアールは、これまで自社で運用してきた「ス マートパレット®」の各パレットからのデータを収集する基盤に、運用が柔軟な UI や豊富な API 機能を具備する NTT Com の IoT Platform サービス「Things Cloud®」と、高い信頼性を誇る モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」を導入することで、人的作業を自動化し、さら なる運用の効率化を図ります。(図 1)

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

プレスリリースはこちら(PDF)