物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

GKNドライブラインジャパン/名古屋工場を18年度中を目途に中部臨空都市空港対岸部に移転新設

GKNドライブラインジャパン、名古屋工場を移転

~グローバルな生産拠点として中部臨空都市空港対岸部に新設~

 

 GKNドライブラインジャパン株式会社(本社:栃木県栃木市大宮町2388番地 代表取締役:アダム タウイグ)は、AWDおよびe-Drive製品を生産している名古屋事業所(名古屋市港区大江町2番地)を2018年度中を目途に、現存工場から約27kmに位置する常滑市りんくう町に新工場を建設することを決定しました。

 この地域は、中部国際空港に隣接するグローバルなアクセス環境にあり、国内外から人・モノ・カネ・情報を呼び込む国際交流拠点の形成を目指して、国際展示場や新ターミナルビルなど新たな施設の建設が進んでおり、新工場は、世界主要都市を結ぶ、さらなるフレキシブルなグローバルビジネス拠点としての役割を担います。

 新工場は2018年度に完成し、2019年度に移転完了予定です。

【GKNドライブラインジャパン 名古屋新工場 概要】

 ・移転予定地:愛知県常滑市りんくう町1丁目25番1(中部臨空都市 空港対岸部)

 ・階数工場:地上2階建(工場部分1階建、オフィス部分2階建)

 ・新工場 生産品目:AWDおよびe-Drive製品など自動車駆動系システム

 ・完成予定:2018年度中

 ・移転完了:2019年度中

 ※上記は計画段階のものであり、内容等に変更の可能性があります

■GKNについて

 GKN plcは、世界有数のエンジニアリンググループです。グループは3部門(GKNエアロスペース、GKNドライブライン、GKNシンターメタルズ)で構成され、航空宇宙、自動車の分野で事業を展開しています。30か国以上で事業を展開し、子当社と合弁当社を含めて58,000名以上の従業員を擁しています。GKNはロンドン証券取引所(LSE: GKN)に上場しており、2016年度の年商は94億ポンドです。

■GKNドライブラインについて

 GKNドライブラインは、自動車駆動系システムやソリューションの世界有数のサプライヤーです。世界の主要自動車メーカーに製品を供給するグローバルサプライヤーとして、GKNドライブラインは、極めて低コストの小型車両から、複雑なドライビングダイナミクスが要求される最も高度な性能を誇る高級車両に至るまで、広範囲に及ぶ自動車駆動系技術の開発、生産および供給を行っています。GKNドライブラインは、CVJシステム、AWDシステム、トランスアクスルソリューションおよびeDriveシステムなどを提供する卓越したグローバルサプライヤーです。23か国で事業を展開し、49拠点で約28,000名を雇用しています。

■GKNドライブライン ジャパンについて

 GKN ドライブライン ジャパンは、GKN ドライブラインの研究開発および製造における重要な拠点です。当社は、資本金 76 億 6300 万円、6拠点、従業員数 1,360名の会社で、栃木市に本社を構え、栃木と名古屋に製造拠点、大光寺にテクノロジーセンター、豊田と東京にオフィスがあります。また、大光寺にあるプルービング グラウンドでは、多種多様な実車試験を実施しています。GKNドライブライン栃木は1949年に設立、日本における広範囲な自動車駆動系システムやソリューション(CVJシステム、AWDシステム、トランスアクスルソリューション、eDriveシステム)を製造し、お客様へ提供しています。977名の従業員が勤務しています。GKNドライブライン名古屋は2001年に設立、主にAWDシステムの製品(PTU、FDU)を製造し、278名の従業員が勤務しています。GKNドライブライン大光寺は1994年に設立、テクノロジーセンター(設計・実験部門)で95名の従業員が勤務しています。

 GKNドライブライン豊田は、カスタマーサポートオフィスとして2014年、豊田市に設立、10名の従業員が勤務しています。