2017年7月24日

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)は、7月20日より、日本国内で提供しているクラウド型の運行管理システム「KITARO」を英語化し、東南アジア地域での提供を開始いたしました。最初の拠点はマレーシアで、現地企業にクラウドシステムを提供しているTKインターナショナル(本社:マレーシアセランゴール州、代表取締役社長:阿部慎吾)と業務提携し、展開いたします。

東南アジアでは、経済成長に伴い交通システムが発達する一方で、ドライバー教育が十分に行われていないことが多く、運送業務や外販時の行動管理に課題を抱えているものの、具体的な解決方法がないのが現状です。こうした中、「KITARO」は車両のリアルタイムの位置情報や走行記録、安全運転管理等を「見える化」することができるので、運行管理のみならずドライバーの行動管理を徹底することができます。

まずは、マレーシアにある日系企業の運行管理者に対して提供していきます。日系企業での実績を作ったところで現地企業へと展開し、シンガポール、フィリピン等への拡張も検討していく予定です。

なお、TKインターナショナルは、今回のサービス開始に伴い、マレーシアの日系企業の協力のもと「KITARO」による運行管理の実証実験を始めます。


-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
■KITARO紹介サイト
https://kitaro-sdp.com/
■KITARO動画
https://kitaro-sdp.com/movie.html
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --