富士通/SAPとグローバルなパートナーシップを拡大|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

富士通/SAPとグローバルなパートナーシップを拡大

富士通とSAP、グローバルなパートナーシップを拡大

富士通の業種ナレッジとSAPのソフトウェアを組合せ、お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)とSAP SE(本社:ドイツ バーデン・ビュルテンベルク州、CEO:ビル・マクダーモット、以下、SAP)は、グローバルでのパートナーシップを拡大し、AI(人工知能)やIoTを活用したより高度なERPソリューション、および富士通が持つ様々な業種のノウハウを組み合わせた業種特化型クラウドサービスを共同で開発し、富士通より提供していくことで合意しました。本合意により、富士通はSAPが推進するERPのインテリジェント化戦略における初のグローバルテクノロジーパートナーになります。

両社は、まず日本市場とアジア市場でのサービス提供を目指し、その後、順次欧州および北米へと展開していきます。

本合意に基づいて、両社は、SAPのERPソリューション「SAP S/4HANA®」やIoTプラットフォーム「SAP® Leonardo」をベースに、それぞれが持つAIやIoTのテクノロジーを組み合わせ、お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速するソリューションの開発を目指します。さらに、富士通が様々な業種のお客様にサービスを提供する中で蓄積してきたノウハウを組み合わせた業種特化型のクラウドサービスを開発し、富士通より提供していきます。

サービス提供に当たっては、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」や、SAPのクラウドサービス「SAP® Cloud Platform」「SAP HANA® Enterprise Cloud」、その他のパートナー企業が提供するクラウドサービスからの提供にも対応し、サービス基盤の構築からアプリケーションの開発、運用までの全ての領域を富士通がワンストップで提供します。

また、富士通のソフトウェア技術者をSAP本社に常駐させ、両社の開発部門間での定常的な技術交流を図ることで、SAPの最先端のソフトウェアと富士通の業種ノウハウを組み合わせたサービスの開発を加速させます。

両社はこれらの取り組みを通じて、まずは製造分野向けの新たなサービスを2017年下期から提供することを目指し、その後、他の業種への展開を図っていきます。

大和ハウス工業株式会社 代表取締役副社長 石橋 民生氏のコメント

富士通がSAPのERPソリューションをベースに構築したシステムを利用するユーザーとして、富士通とSAPのグローバルでのパートナーシップが強化されることを歓迎すると共に、両社がそれぞれの強みを生かすことで、デジタルトランスフォーメーションがさらに加速することを期待します。

富士通株式会社 取締役 執行役員副社長
  事業部門担当 グローバルサービスインテグレーション部門長 谷口 典彦のコメント

SAPと富士通は、これまで長期にわたり協業を進めてきましたが、デジタル変革の時代において更なる共創を進めることができ、大変嬉しく思っています。両社のテクノロジーと専門知識を組み合わせることで、お客様のデジタル革新をさらに加速します。

SAP SE エグゼクティブ・バイス・プレジデント
  グローバルビジネス開発&エコシステム担当 アーレン・シェンクマンのコメント

グローバル規模でのデジタルトランスフォーメーションの加速に向け、富士通とのパートナーシップを深化させられることを非常に楽しみにしています。デジタル社会におけるお客様の事業運営をよりシンプルなものにするため、SAPの強力なソリューションをベースとした富士通との共創を図っていきます。

商標について

SAP、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。