寺田倉庫/「部室」をクラウド化した新サービス 「クラウド部室」を 5 月 9 日に提供開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

寺田倉庫/「部室」をクラウド化した新サービス 「クラウド部室」を 5 月 9 日に提供開始

寺田倉庫、「部室」をクラウド化した新サービス 「クラウド部室」を 5 月 9 日に提供開始

~「クラウドストレージ」x「コミュニティ機能」で仲間同士を繋ぐ新しい収納スタイルを提案~

寺⽥倉庫(東京都品川区 代表取締役:中野 善壽)が運営するクラウドストレージ「MINIKURA(ミニクラ)」は、新サー ビス 「クラウド部室」 を 2017 年 5 月 9 日(火)より提供いたします。 SNS といったコミュニケーションツールの発展に伴い 「仲間とのつながり」 を求める人々が増えています。 「サークルや部活でとも に汗を流した仲間とつながりたい」 という潜在的なマインド、さらに就職や結婚といったライフステージの変化により「部活で使用 した用具」が収納を圧迫しているという点に着目したことから、本サービスが誕生いたしました。 「クラウド部室」(https://cloud-bushitsu.minikura.com/lp/)は、グループ限定のコミュニケーション機能とストレー ジ機能を兼ね備えた「次世代コミュニティストレージ」サービスです。「部活」をモチーフにした遊び心満載のユニークな機能でユー ザーの興味を喚起し、仲間とのコミュニティの活性化につなげます。今後も MINIKURA は、「クラウド型収納」という生活プラット フォームを中心に、収納スペースの課題解決につながるサービスを提供してまいります。

【クラウド部室について】

学生時代に部活に打ち込んだ 20~30 代社会人層をメインターゲットとして、minikura のクラウドストレージ機能に、グループ 限定の SNS 機能やスケジュール共有などのコミュニケーション機能を付加した 「次世代コミュニティストレージ」 サービスです。 minikura は「個人」でモノを預けるクラウドストレージサービスですが、クラウド部室は「チーム」でモノを預ける、管理する、コミュ ニケーションをとることが可能です。さらに、「入部する」「部室でダベる」「ロッカーを使う」など、「部活」をモチーフにした遊び心あふ れる機能でユーザーの興味を喚起し、コミュニティの活性化につなげます。また、倉庫内は温湿度管理がされているため、ご自 宅よりも最適な環境での保管が可能となります。

・サービス名:クラウド部室

・キャッチコピー:#クラウド部室つくろうぜ

・サービス開始日:2017 年 5 月 9 日(火)

・利用環境:WEB(PC、スマートフォン)

・利用料金:無料(ロッカー機能を使う場合は部費として月額 500 円~)

・会員登録方法:URL:https://cloud-bushitsu.minikura.com/

●利用方法について

・「クラウド部室」にログインし、部室 TOP 画面から専用ボックス(ロッカー)を購入

・自宅で「クラウド部室」専用ボックスを受領

・預け入れしたい荷物を専用ボックスに詰め、付属の着払い伝票で送付

・MINIKURA が1点ずつ写真撮影を行います。My ロッカーページではクラウド部室のメンバーで閲覧が可能

●利用料金について

M サイズ 1 箱(120 サイズ)あたり 500 円/月(税込)、L サイズ1箱(150 サイズ)あたり 960 円/月(税込) 必要な時にアイテム単位で一時取り出しができ、使用後に再度預け入れが可能。1 梱包 1 回 1500 円(税込)

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

プレスリリースはこちらから