物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

FPG/海上輸送用コンテナを対象としたオペレーティング・リース事業案件の拡大を目的とする シンガポール共和国における合弁事業に関するお知らせ

海上輸送用コンテナを対象としたオペレーティング・リース事業案件の拡大を目的とする シンガポール共和国における合弁事業に関するお知らせ

当社は、本日、Buss Global Holidings Pte.Ltd.及び FPG Asset & Investment Management B.V.と シンガポール共和国において合弁事業を行うこと、また当該合弁事業に関連して新たな子会社化につ いて決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.合弁事業の概要

当社は、海上輸送用コンテナ(以下「コンテナ」)を対象としたオペレーティング・リース事業 案件(以下「リース事業案件」)の組成金額の拡大を目指し、ドイツ連邦共和国に本拠を置き、グ ループで物流・投資事業等を遂行する BUSS GROUP のグループ会社である Buss Global Holdings Pte.Ltd. (以下「BUSS」)と、当社の関連会社である FPG Asset & Investment Management B.V. (以下「FPG AIM」)とともに、シンガポール共和国(以下「シンガポール」)において、リース 事業案件に関する合弁事業を行うことといたしました。その持株会社として暫定的にシンガポー ルに設立した FPG Raffles Holdings Pte.Ltd.(以下「FPG RAFFLES HOLDINGS」)の増資を、当社、 FPG AIM 及び BUSS が各々引き受ける方法により合弁会社化します。増資に際しては、当社が 19.9 百万 US ドル及び FPG AIM が 4.9 百万 US ドル現金出資するとともに、BUSS が 4.5 百万 US ドル相 当について、同社の 100%子会社でコンテナ投資管理サービス事業を行うシンガポール所在の Raffles Lease Pte.Ltd.(以下「RAFFLES LEASE」)の株式を現物出資いたします。これにより、 RAFFLES LEASE の保有するコンテナマネージメントシステムを当社グループで活用することが可 能となります。これらの結果、持株会社である FPG RAFFLES HOLDINGS 及び RAFFLES LEASE(本 件実行後、FPG Raffles Pte.Ltd.に社名変更する予定です。)が当社の子会社となります。 BUSS は、その傘下企業とともに、コンテナを対象とした投資ファンド管理等を遂行しておりま す。RAFFLES LEASE は、BUSS の子会社として、平成 18 年の設立以来、シンガポールを中心に、 その保有するコンテナマネージメントシステムを活用し、BUSS と共に顧客の多様なニーズに応え たコンテナ投資ファンド事業を提供してまいりました。 本件により、RAFFLES LEASE が持つコンテナの管理・売却に関するノウハウを、当社のコンテ ナを対象としたリース事業案件の組成に活用し、その商品性を高めることが可能になります。ま た、FPG RAFFLES HOLDINGS に対する 25 百万 US ドル(当社及び FPG AIM の合計額)の現金出資 は、リース組成機会のさらなる拡大を図るため、案件組成用のコンテナを取得し、案件組成まで 保有するウェアハウジング業務等に活用いたします。 今後、当社は、FPG AIM 及び BUSS と連携し、FPG RAFFLES HOLDINGS 及び FPG RAFFLES (RAFFLES LEASE より社名変更する FPG Raffles Pte.Ltd.)の機能拡大を図りつつ、コンテナを対象とした リース事業案件の組成金額の拡大を通じて、当社の業績拡大・企業価値の向上を図ってまいりま す。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

海上輸送用コンテナを対象としたオペレーティング・リース事業案件の拡大を目的とするシンガポール共和国における合弁事業に関するお知らせ(207KB)