シーネット/クラウド版音声種まき仕分パッケージ『VAS』低価格による提供を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

シーネット/クラウド版音声種まき仕分パッケージ『VAS』低価格による提供を開始

作業効率化を実現!クラウド版音声種まき仕分パッケージ『VAS』低価格による提供を開始

株式会社シーネット コネクト サービス(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:高坂昌信、以下「CCS」)は、TC倉庫等の作業効率化とミス防止を目的とした、音声種まき仕分けシステムのパッケージ『VAS(Voice Assort System)』をリリースしました。

【市場背景】

 昨今、生鮮・青果・日配品を取り扱うTC倉庫を中心に音声認識技術を活用した種まき仕分システムの需要が拡大しています。その一方で、音声認識システムは企業様ごとの運用に合わせ多様なカスタマイズが必要となるため、導入へのハードルが高い傾向にあります。
 CCSでは、この問題を解決するべく、今までの導入実績をもとに種まき仕分け作業における音声認識システムの会話フローをパッケージングしクラウド版にて提供を開始しました。音声認識システムの特長であるアイズフリー・ハンズフリーによる効果や、作業進捗照会、CCSの物流ノウハウを活かした効率の良い音声会話フローなどの高い機能性はそのままに、月額6万円からご利用いただけます。



【VAS(Voice Assort System)の3つの特長】

1.作業効率及び正確性の向上
 アイズフリー・ハンズフリーによる効果と、シーネットの物流ノウハウを活かした効率の良い音声会話  フローにより作業スピードが上がり、作業効率が向上します。また、システムチェックにより「まき先」と「数量」の間違いを防止することが可能なため作業を正確に行うことができます。

2.現場レイアウトを自由に変更可能
 固定設備が不要であり現場のレイアウト変更を柔軟に行うことができるため、急な店舗数の増加にも費用をかけず即座に対応できます。また、出荷数が多い時に空きスペースを有効活用して仕分け作業を行うことも可能となります。

3.高いコストパフォーマンス
 音声種まき仕分けシステムの会話フローをパッケージング・クラウド化したことにより、機能性の高さはそのままに導入費用の大幅な削減を実現しています。

◇VASの詳細は下記URLにてご覧いただけます。
 ⇒ http://www.cross-docking.com/service/voice-standard-scene0/