物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/ミャンマーにおける農産品に係る物流近代化に関する実証事業を実施

ミャンマーにおける農産品に係る物流近代化に関する実証事業を実施
~物流機器を用いた輸送や選果機導入による品質保持・付加価値向上の実証~

平成28年6月22日

○国土交通省物流審議官部門では、我が国の質の高い物流システムを、官民一体となり戦略的に新興国へ展開するため、「物流パイロット事業」を実施しています。
○今般、平成28年度物流パイロット事業として、表記実証事業を実施します。本事業は、ミャンマーにおける農産品の物流について、防振パレット等の物流機器を用いた輸送技術や選果機を導入し、農産品の品質保持・付加価値向上効果等も含めた物流近代化について、実証を通じて課題等を検証するものです。 
○本事業の実証実験を6月から7月の間にかけて実施する予定です。

1.実証事業の背景と概要
 
多くの人口、低廉な労働力、豊富な天然資源を擁するミャンマーは、民主化後の経済制裁緩和、外国企業の進出・投資拡大等により、高い経済成長を続けています。また近年、日本企業出資によるヤンゴン郊外のティラワ特別経済区の開発などが進められ、物流の拠点としても注目されています。
 しかし、電力不足により製造業の発展が遅れていることや、道路等のインフラ整備が進んでいないこと等、荷主とともに進出する傾向のある我が国物流企業の進出には課題が多い状況です。
 こうした中、新たな市場開拓のために我が国物流企業がミャンマーへ進出するためには、物流企業が主体となり、自社で扱う「貨物」を創りだすことも一つの手段と考えられます。
 特に、ミャンマーの主要産業である農業は、農産品の品質管理体制や輸送技術の改善により規模の拡大が望めるため、物流企業進出の際の有力な「貨物」となりえます。
 このような背景を踏まえ、国土交通省物流審議官部門では、ミャンマーにおける我が国の質の高い物流システム展開のため、同国の農産品を出荷/輸送する実証事業を行います。この事業の実施を通じ、効果や課題等を具体的に調査・分析し、同システムの形成・促進を図ることとします。
                             
2.実証実験の実施スケジュール(予定)                                                    

 ・物流機器を用いた野菜の輸送実験                           
   6月27日~30日:シャン高原→国道一号線→ヤンゴン
   7月10日~7月13日:ヤンゴン→バンコク
 ・マンゴーの高付加価値化実験
   6月23日~7月5日:マンダレーにおいて選別・処理等実施                
 

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式