日通総合研究所/倉庫作業分析ツール「ろじたん」に 自動で生産性が算出できる新機能「かんたんKPI」を追加|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日通総合研究所/倉庫作業分析ツール「ろじたん」に 自動で生産性が算出できる新機能「かんたんKPI」を追加

日通総研、倉庫作業分析ツール「ろじたん」に 自動で生産性が算出できる新機能「かんたんKPI」を追加

WMSから実績データを取り込み、「ろじたん」時間計測データと合わせることで生産性を"かんたん"に自動で算出

(株)日通総合研究所(本社:東京都港区、社長:宮近清文)は、倉庫作業分析ツール「ろじたん」に自動で生産性が算出できる新機能「かんたんKPI」を追加し、7月より提供を開始します。

「ろじたん」はスマートフォンとWebを連携させて、倉庫内の作業時間を計測し、その結果を集計・分析できるツールです。
従来の「ろじたん」機能では、「時間計測アプリ」を使って作業時間データの取得はできましたが、WMS(倉庫管理システム)から抽出した実績データと統合させることができなかったため、生産性を算出するにはExcelなどのソフトを使い、それぞれのデータを元に計算するしかありませんでした。

今回追加した「かんたんKPI」は、「ろじたんWeb」クラウドサーバにWMSの実績データを取り込み、作業時間データと掛け合わせることで、生産性を自動で算出することを可能にしました。
また、管理したいKPIのレベルに応じた生産性を算出できるよう、階層化した設定テンプレートをご用意しています。取得単位も行数、個数、重量、容積、オーダー数など自由に設定することが可能です。

取り込んだ実績データと日々の生産性データは、契約期間中「ろじたんWeb」からいつでもボタンひとつで"かんたん"、自由に閲覧することができます。
手間や時間を掛けずに"かんたん"に日々の生産性を確認することで、作業効率化やコスト削減に向けた業務管理、KPI(重要業績評価指標)の設定を手軽に行うことができます。

今回、「かんたんKPI」リリースに伴い、特別企画として2016年9月までにご契約いただいた方には「かんたんKPI」アドオン料金を契約期間中(最大1年間)無料でご提供いたします。
より多くの方に、「かんたんKPI」をお試しいただけたらと思います。

KPI表示画面サンプル

kpi-sample

KPIテンプレートサンプル

●簡単・普通・詳細の3つのテンプレートから御社の管理レベルに最も近いものを選択します
●選択後もKPIの追加や編集は自由に行えます
kpi-template

料金(かんたんKPIは基本料金+アドオン料金で利用できます)

※かんたんKPIリリース企画
2016年9月末までにご契約いただいた方は、かんたんKPIのアドオン料金を契約期間中(最大1年間)無料でご提供

●基本料金(年間契約)システム利用料
 ※拠点単位(1拠点あたり)の料金となります
system-cost
●かんたんKPIアドオン料金(年間契約)
 ※拠点単位(1拠点あたり)の料金となります
addon-cost