物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

商船三井/ホーチミン、ハノイにて約350名が出席、さらなるビジネス展開を表明

ベトナムでパーティーを開催 
~ホーチミン、ハノイにて約350名が出席、さらなるビジネス展開を表明~

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は5月9日と10日に、それぞれベトナム ホーチミン、ハノイにおいて、顧客および関係者を招いてパーティーを開催しました。ホーチミンのパーティーでは、サイゴンニューポート社(*1)のチャン・カイン・ホアン副社長を、ハノイでは深田博史駐ベトナム日本国特命全権大使、ベトナム運輸省海運総局のブイ・ティエン・トゥー副局長を主賓に招くとともに、当社取引先を中心に合計約350名が出席しました。

商船三井社長 池田潤一郎は挨拶の中で、今後成長が見込まれる地域としてベトナムに期待していること、世界最大級の総合海運企業として、ベトナムにおいて当社グループ全体の認知度・ブランド力の向上に注力していることを述べました。また、「One MOL」のキーワードの下、全部門総力を挙げて、お客様のニーズに応えていく決意も表明しました。

商船三井とベトナムの関わりは、前身のひとつである三井物産船舶部の有明丸が1896年にサイゴンから神戸に向けてサイゴン米を輸送したことにさかのぼります。その後100年以上にわたって、コンテナ船を中心に事業を展開し、2006年には邦船社唯一の100%出資現地であるMitsui O.S.K. Lines (Vietnam)の設立が認められ(*2)、今年で現地法人設立10周年を迎えました。ターミナル事業では、2011年開業のカイメップ港、2018年開業予定のラックフェン港に投資するほか、不定期専用船事業においても、ベトナム出し木材チップ輸送のほか、石炭や鋼材輸送にも積極的に取り組んでいます。また、2005年に設立し、ベトナム全域の物流サービスをカバーするMOL Logistics (Vietnam)、ホーチミンとハノイでオフィスビル賃貸業を手掛けるダイビル、そしてカイメップ地区にて曳船事業を営むTan Cang-Cai Mep Towage Services Co., Ltd.と、グループ各社が多種な事業展開を行い、シナジー効果を生み出しています。

商船三井は総合海運企業グループとして、今後もさまざまな顧客ニーズに対応し、ベトナムおよび世界経済の発展に積極的に貢献していきます。

(*1) ベトナム最大の国営コンテナターミナル運営会社。

(*2) 詳細は2006年7月20日付プレスリリース「ベトナムに100%出資の現地法人設立」を参照ください。


パーティーでスピーチする社長 池田潤一郎(写真左から1人目)と登壇する当社役員(左2人目から、執行役員 日野岳穣、執行役員 赤坂光次郎、取締役専務執行役員 橋本剛、執行役員 小池正人)