日通総合研究所/倉庫作業分析ツール「ろじたん」の新機能 実績管理アプリを期間限定無償提供|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日通総合研究所/倉庫作業分析ツール「ろじたん」の新機能 実績管理アプリを期間限定無償提供

日通総研、倉庫作業分析ツール「ろじたん」の新機能 実績管理アプリを期間限定無償提供

スマホとWebの連携で倉庫内作業を計測・分析するツール「ろじたん」新機能はバーコードリーダーを使って作業実績を"かんたん"に計測できるアプリ

(株)日通総合研究所(本社:東京都港区、社長:宮近清文)は、昨年10月に提供を開始した「ろじたん」に、新機能として追加した「実績管理アプリ」を2月10日より期間限定で無償提供いたします。(2017年3月31日まで)

「ろじたん」はスマートフォンとWebの連携で、倉庫内の作業時間を計測し、その結果を集計・分析できるツールです。

今回追加された「実績管理アプリ」は、タブレット(もしくはスマートフォン)とバーコードリーダーを使い、名札および作業指示書に表示されたバーコードをスキャンしてから「ピッキング」や「検品」「梱包」といった倉庫作業を行うことで、「誰が」「どのくらいの時間で」「どの作業を」行ったかの情報を、"かんたん"にデータとして取得できます。

ろじたん概要

先発の「ろじたん・時間計測アプリ」は、倉庫作業全体の時間計測を行うもので、全体の流れや履歴を追うことは可能ですが、作業一つひとつに掛かる時間にまで細分化された情報の取得は困難でした。しかし、「実績管理アプリ」を使えば、作業単位の所要時間がデータ化でき、さらにそこから個人別の生産性を算出することが可能になります。

紙の作業指示書もしくはピッキングリストなどを用い、日々の作業管理を行っている倉庫においては、これまで手間だった作業実績のデータ入力作業がなくなり、より正確な実績データを手軽に取得していただけます。また、担当作業者と対応商品の紐付けができているため、商品納品後に破損などの問題が生じた場合、原因を追跡できるトレーサビリティ機能としても活用できます。原因が判明することで的確な対応や改善教育も行いやすく、品質の向上に繋がります。

HHT(Hand Held Terminal)などのマテハンツールを使わずとも、高価な初期投資や煩雑な手間を掛けることなく、「ろじたん」の簡単な仕組みで作業実績データを取得していただくことが可能です。

ろじたん概要2

ろじたん「実績管理アプリ」

Google Playより無料ダウンロード(無料期間:2016年2月10日~2017年3月31日まで)

DL・ご登録はこちらから → http://www.logitan.jp/download

※ご利用にはろじたんWebへの登録が必須となります。

※2017年4月1日より、ろじたん基本料金を適用します。

料金

必要機材(全てレンタル可能)

・スマートフォン もしくは タブレット

・バーコードリーダー

アプリやマニュアルのダウンロード

以下のURLへアクセスしダウンロードをお願いします。

http://www.logitan.jp/download