日本海事協会/船舶ビッグデータ活用の基盤として株式会社シップデータセンターを設立|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本海事協会/船舶ビッグデータ活用の基盤として株式会社シップデータセンターを設立

船舶ビッグデータ活用の基盤として、株式会社シップデータセンターを設立

2015年12月7日

一般財団法人日本海事協会(ClassNK)(会長:上田 德)は、運航中の船舶から得られるデータの活用をサポートする「株式会社シップデータセンター」を完全子会社として本日設立しました。

情報通信技術の発展により、運航中の船舶から多量かつ多様なデータを収集することが可能となりました。一方、データの収集や分析のプロセスは、個船や事業者ごとに実施されているのが現状であり、いわゆるビッグデータとしての活用は途上にあります。

データの更なる活用のためには、個別に管理されているデータの集約が必要となりますが、多大なコストやセキュリティ対策といった問題から、必ずしも容易ではありません。

このような業界の課題に対し、本会は独立した第三者機関の非営利法人として、船級業務より培った技術的知見及び経験を活かし、株式会社シップデータセンターを設立することとしました。株式会社シップデータセンターは船舶に関わるビッグデータ基盤として、十全なセキュリティ確保の下、運航データを収集、蓄積し、また利用者にデータを提供するデータセンターの運営にあたります。一元管理されたデータが低廉なコストで利用できる環境を整備し、海事産業全体におけるビッグデータの活用機会を最大化することを目指します。

株式会社シップデータセンターは、2016年2月より、国内船社殿の協力を得て、船舶からデータセンターへの通信をはじめとしたトライアル運用を実施し、2016年4月からの本格的な稼働を予定しています。

データセンターという基盤の下、船舶の運航支援や機関、機器の状態監視など既に運航データが利用されているサービスに加え、今後様々なサービスの開発が可能となります。例えば、2018年以降、EU域内入港船に義務付けられる燃費報告制度(EU MRV)に対し、データセンターに蓄積された運航データを活用した船社各位向けのEU MRV対応支援サービスの提供も予定しています。

本会は、データセンターを通じた船舶データの有効活用を推進し、海事産業の発展に貢献してまいります。

【株式会社シップデータセンター概要】
名称 : 株式会社シップデータセンター
    (英名:Ship Data Center Co., Ltd.)
所在地: 東京都千代田区紀尾井町
代表者: 代表取締役 中村 靖
資本金: 1億円(ClassNK 100%出資)
設立日: 2015年12月7日
連絡先: 一般財団法人日本海事協会 企画部 気付
      Tel: 03-5226-2035
      Fax: 03-5226-2039
      E-mail: pld@classnk.or.jp

以上