SAPジャパン/クラウドベースのアナリティクス製品群「SAP(R) Cloud for Analytics」を発表|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

SAPジャパン/クラウドベースのアナリティクス製品群「SAP(R) Cloud for Analytics」を発表

SAPジャパン、クラウドベースのアナリティクス製品群
「SAP(R) Cloud for Analytics」を発表


 SAPジャパン株式会社は(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、すべての分析機能を1つのソリューションにまとめ、これまでにないユーザーエクスペリエンスを実現する、SaaS型のクラウド分析ソリューション「SAP(R) Cloud for Analytics(エスエーピー・クラウド・フォー・アナリティクス)」を発表しました。

 SAP Cloud for Analyticsは、SAP HANA(R) Cloud Platformでネイティブに構築されています。パフォーマンスに優れたリアルタイムソリューションで、企業全体のパフォーマンスをすばやく把握できる画期的なデジタルダッシュボードや、計画、予測、ビジネスインテリジェンス(BI)の機能を、1つのアナリティクスエクスペリエンスとして提供できます。SAP Cloud for Analyticsは、他のクラウドおよびオンプレミスのソリューションと連携することが可能であり、今後SAP(R) SuccessFactors(R)やSAP(R) hybris(R) Marketingといった他のSAPソリューションに組み込まれる予定です。企業の従業員はパフォーマンスを追跡し、ビジネスの傾向を予測・分析して、確かな情報に基づく意思決定が可能となり、業績の向上に貢献することができます。SAP Cloud for Analyticsは本日より提供開始となります。

 現在のアナリティクスソリューション市場の課題の一つに、クラウドベースでもそれ以外でも、視覚化や予測などの実現方法として個別に機能を提供(サイロ型アプローチ)しているということが挙げられます。SAP Cloud for Analyticsは、新しいエンド・ツー・エンドのクラウド・アナリティクス・エクスペリエンスをもたらします。ビジネスユーザーはあらゆるデータにアクセスできるため、発見、視覚化、計画、予測が容易になり、SAP Cloud for Analyticsは、単にデータを視覚化するだけでなく、ビジネスの成功を支援します。また、SAP Cloud for Analyticsは、信頼性が高く、完全に拡張可能なマルチテナント環境での提供により、個人でも会社でも誰もが登録してすぐに使用することができます。純粋なクラウドサービスとして、1つのアナリティクスエクスペリエンスとして利用できるため、ビジネスユーザーの業務の敏捷性とパフォーマンスが向上します。

 今回提供するSAP Cloud for Analyticsを構成するコンポーネントには、SAP Digital Boardroom、SAP Cloud for Analytics for BI、SAP Cloud for Analytics for Planningの機能が統合されています。


■SAP Digital Boardroom
 ・財務、SCM、営業などに関する標準技術ベースのレポートを単一のデータソースとしてリアルタイムで表示でき、包括的なビジネスの透明性を確保します。また、業務すべてにおいてアプリケーション内に実装されたワークフロー機能を利用することで、従来にはないビジネス成果を得ることができます。
 ・使いやすいユーザーインターフェースで画面を移動することなく直感的に操作ができます。プロジェクター、ノートPC、ウェアラブルデバイスなどを使用する場合はタッチスクリーン操作にも対応します。静的なデータではなくリアルタイムデータが効果的にビジュアル表示されます。


■SAP Cloud for Analytics for BI
 ・ビジネスユーザーはあらゆるデータにアクセスできるようになります。ビッグデータでもスモールデータでも、あるいは、オンプレミスでもクラウドでも、あらゆるデータの抽出や整理、結合を簡単に実行できます。
 ・ソーシャルメディアのデータ分析に基づいて市場の傾向を見定めることができます。そして傾向に基づいて需要に対して必要な在庫を割り出すなど、すべてを1つの場所で相互に関連付けることができます。


■SAP Cloud for Analytics for Planning
 ・財務担当者や事業部門のアナリストは、相互接続された計画モデルの構築、データの分析、連携強化と業績向上に向けたコラボレーションをより迅速に、より簡単に行うことができます。


以上


◇SAPジャパンについて
 SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国296,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.com/japan


 Copyright(C) 2015 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.

 SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。