デンソーウェーブ/倉庫から小売まで、シーンを選ばない新しいタイプのRFIDスキャナ コードレス・特定小電力「RFID VOCSスキャナ UR30」を発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

デンソーウェーブ/倉庫から小売まで、シーンを選ばない新しいタイプのRFIDスキャナ コードレス・特定小電力「RFID VOCSスキャナ UR30」を発売

倉庫から小売まで、シーンを選ばない新しいタイプのRFIDスキャナ コードレス・特定小電力「RFID VOCSスキャナ UR30」を発売

[ 2015.10.23 ]

倉庫から小売まで、シーンを選ばない新しいタイプのRFIDスキャナ
コードレス・特定小電力「RFID VOCSスキャナTM UR30」※1を発売



UR30UR30使用例

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:柵木充彦)は、コードレス・特定小電力でありながら長距離読み取りを実現したRFIDポータブルスキャナ「RFID VOCSスキャナTM(アールエフアイディ ヴォックス スキャナ)UR30」を、2015年11月に発売します。


「RFID VOCSスキャナTM UR30」は、特定小電力でありながら約2.5mの長距離読み取りが可能なうえ、手に持っての使用にも、固定しての使用にも対応できる新しいタイプのスキャナです。Bluetooth®でスマートフォンやタブレットと連携し、仮置き倉庫での入出庫管理の自動化や、即売会場の臨時POSとして素早い会計を実現するなど、アプリケーションに応じて幅広い用途にご利用いただくことができます。

デンソーウェーブはこれまで、RFタグを利用した棚卸に最適な高出力ハンディターミナル、1対1の狙い読みに適した小型ハンディスキャナ、倉庫の出入り口や会計レジに設置可能な固定式スキャナなど、幅広いラインアップを発売することで、RFID運用を積極的にご提案してまいりました。さらにさまざまなシーンで、お客さまにRFIDの利便性をご提供したいと考え、新たにポータブルタイプのRFID製品のラインアップを拡充します。

RFID VOCSスキャナTM UR30の主な特長

1.コードレス・特定小電力で、使う場所を選ばない

バッテリ駆動のコードレスタイプで、免許不要でどこでも使用ができる特定小電力のため、倉庫から小売店舗まで使う場所を選びません。店舗での頻繁なレイアウト変更や物流倉庫でのフリーロケ管理などにもフレキシブルに対応します。


2.約2.5mの長距離読み取りを実現

約2.5mの長距離読み取りで広範囲のRFタグを一括で読み取ることが可能です。さらに、RFタグの向きにも左右されない360°方向の安定した読み取りを実現しました。


3.スマートフォンやタブレットと連携が可能

Bluetooth®でスマートフォンやタブレットと連携することが可能のため、幅広い用途にご利用いただくことができます。


4.保護等級IP55※2を実現

ポータブル性にこだわり、半屋外での使用にも耐えられるIEC国際規格の保護等級IP55を実現しています。


5.動作時間12時間※3で、丸一日分の作業が可能

丸一日分の作業が可能な12時間動作を実現しました。さらに、非接触充電を採用しており充電端子の劣化や汚れなどを気にすることなくご使用いただける、使い勝手の良さを提供します。

  1.  「VOCS」は「Various Operation Convinient Scanner」の略です。
  2. IP55=「粉塵が内部に侵入する事を防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない」および「いかなる方向からの水の直接噴流を受けても有害な影響を受けない」
  3. Bluetooth®接続+RFタグ読み取り:待機(Bluetooth®待機状態)=1:2.6の場合。ブザーはOFF。