デンソーウェーブ/入出庫管理や検品などの作業時間を大幅削減 読み取り距離を高めることで高い利便性を実現した固定式UHF帯RFタグリーダライタを発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

デンソーウェーブ/入出庫管理や検品などの作業時間を大幅削減 読み取り距離を高めることで高い利便性を実現した固定式UHF帯RFタグリーダライタを発売

入出庫管理や検品などの作業時間を大幅削減 読み取り距離を高めることで高い利便性を実現した固定式UHF帯RFタグリーダライタ「RFIDテーブルスキャナ® UR22」を発売

[ 2015.09.10 ]

入出庫管理や検品などの作業時間を大幅削減
読み取り距離を高めることで高い利便性を実現した
固定式UHF帯RFタグリーダライタ
「RFIDテーブルスキャナ® UR22」を発売



株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:柵木充彦)は、RFID(電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステム)を用いることで、倉庫での物品の入出庫管理や検品作業の時間を大幅に削減する固定式UHF帯RFタグリーダライタ「RFIDテーブルスキャナ® UR22」を9月に発売します。物流倉庫をはじめとする幅広いシーンでの需要を見込んでいます。


「RFIDテーブルスキャナ® UR22」は、既に発売中の固定式UHF帯RFタグリーダライタ「RFIDテーブルスキャナ® UR20」から読み取り距離を大幅に向上させ、さらにLANインターフェースを搭載した製品です。物流システムのネットワーク化が広がる中で、入出庫ゲートなどにおけるRFIDの活用により、RFタグを読み取るという作業をすることなく、入出庫ゲートを通過するだけで情報を収集する軽快な運用を提案します。また、本製品はUHF帯920MHz対応特定小電力モデルですので、免許登録などが必要なく、導入・管理に手間がかからず、手軽に使うことができます。

「「RFIDテーブルスキャナ® UR22」はLAN インターフェースでネットワークに接続することが可能なため、1台のPCで複数台の「UR22」を制御することや、1階の倉庫で使用されている「RFIDテーブルスキャナ® UR22」をLAN経由で2階の事務所のPCと接続するなど、離れた距離からの制御も可能です。

RFIDテーブルスキャナ® UR22の主な特長

1.入出庫ゲートへの設置に最適な通信距離

新開発の高利得アンテナにより通信距離は約2.6m※1を実現し、ゲートの上部などに設置しても足元の荷物に付けられたRFタグまで読み取りが可能です。また、円偏波アンテナによる360°方向のRFタグ読み取りで、RFタグの向きを気にする必要もありません。さらに、通信距離は任意で変更可能で、使用環境に合わせて読ませたい範囲を調節することができます。


2.複数のUR22を1台のPCで制御可能

「RFIDテーブルスキャナ® UR22」と制御用のPCをLAN経由で接続できるため、1台のPCで複数台の「RFIDテーブルスキャナ® UR22」を制御可能なうえ、「RFIDテーブルスキャナ® UR22」とPCが離れた位置にある場合でも使用できます。


3.免許が不要

交UHF帯920MHz対応特定小電力無線局モデルですので、免許登録などの必要がなく、導入の手間がかかりません。

  1. 評価条件=Avery Dennison製 AD-237r6。通信距離は参考値であり、実際の環境条件により変化します。