富士通/スマートデバイス活用を状況に応じ選択できる物流ソリューション「Logifit TM-NexTR」を新発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

富士通/スマートデバイス活用を状況に応じ選択できる物流ソリューション「Logifit TM-NexTR」を新発売

スマートデバイス活用を状況に応じ選択できる物流ソリューション「Logifit TM-NexTR」新発売

車載デバイスとしてデジタルタコグラフとスマートデバイスの混在運用や、ドライバーの眠気検知などを実現

当社は、物流業務を革新するロジスティクスソリューション「Logifit(ロジフィット)」シリーズに、運行管理ソリューション「FUJITSU ロジスティクスソリューション Logifit TM-NexTR(ティーエム ネクストラ)」(以下、Logifit TM-NexTR)を新たに追加し、パッケージ版とSaaS版を8月6日より販売開始します。

「Logifit TM-NexTR」は、運行車両の分析や運行業務の支援を行うソリューションです。今回、大型車両ではデジタルタコグラフを活用し、中小型車両やデジタルタコグラフを取り付けにくい傭車にはスマートデバイス(スマートフォン、タブレット)を活用するなど、デバイスの混在運用を可能としています。また、車両状態のセンシング情報(速度、燃費、温度など)を収集する機能や、ドライバーのバイタル情報を収集し眠気を予兆段階から検知する機能と連携できるため、現場環境の見える化を実現します。

これにより、専用の車載機などが不要なため運用コストの大幅な削減につながるほか、安全かつ品質の高い輸配送業務を行うことが可能です。

[関連リンク] Logifit TM-NexTR紹介サイト

図1. 「Logifit TM-NexTR」のシステムイメージ図
図1. 「Logifit TM-NexTR」のシステムイメージ図
拡大イメージ

近年、労働人口の減少や高齢化、個人配送ビジネスの拡大、スマートフォンの普及、ビッグデータのビジネス活用などの環境変化に合わせた、サプライチェーンモデルの変革が課題となっています。物流コストの削減や輸送品質向上を実現しつつ、このような変化に迅速に対応していくためにも、輸配送業務の改善が必要となっています。

当社は、物流業務管理、倉庫業務管理のソリューションを展開している「Logifit」シリーズに、このたびデジタルタコグラフとスマートデバイスの混在運用が可能な輸配送業務管理のソリューション「Logifit TM-NexTR」を追加し、お客様の物流業務全体のマネジメントを強化していきます。

「Logifit TM-NexTR」の特長

1.デジタルタコグラフとスマートデバイスの混在運用を実現

自社車両や大量輸送車ではデジタルタコグラフを活用し、個配・配送を専門とする中小型車両や、一時的に借り受けて利用する傭車などのデジタルタコグラフの取り付けが難しい車両にはスマートデバイス(スマートフォン、タブレット)を活用するといった、効率的なデバイスの混在運用を実現し、運用コストの削減に貢献します。

また、スマートデバイスでは、納品・納入先ごとの荷積み・荷卸しの商品情報や納地場所の情報を画面で確認することができるため、誤納防止を実現します。

2.車両のセンシング情報、ドライバーのバイタル情報の収集による安全運行のサポートを実現

車両情報収集コネクターの設置により、OBD2(注1)対応のインターフェースからの情報をスマートフォン経由でも取得できるようになり、速度や燃費、エンジン回転数といった詳細な車両情報を運行管理者やドライバーが参照することで、安全でエコな運行をサポートします。また、温度センサーで車両の庫内温度を収集し、あらかじめ設定した閾値を超えた場合には、ドライバーのスマートデバイスにアラートメールで異常を通知するなど、輸送品質の向上をサポートします。

さらに、安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(フジツウ ヴィークル アイシーティー フィーリズム)」でドライバーのバイタル情報を収集し、眠気を予兆段階から検知することができるオプション機能により、より安全な運行サポートができるようになります。

図2. 安全運行サポートを支援する機器群
図2. 安全運行サポートを支援する機器群
拡大イメージ

3.配車支援システムとの連携により、正確で効率的な納品管理を実現

当社の配車支援システムと連携することで、走行時間や荷積み・荷卸しにかかる時間などを総合的にシミュレーションし、複数拠点を経由する場合でも店着の予定時間を予測することができます。また、VICSによる各道路の速度規制や渋滞などを加味したナビゲーションによる経路案内や到着時刻予測を管理することにより、輸配送業務をきめ細やかにサポートします。

販売価格、および提供時期

販売価格、および提供時期
製品名販売価格(税別)提供時期
FUJITSU ロジスティクスソリューションLogifit TM-NexTR SaaS版:基本 980円から(*)
パッケージ版:基本 3,500,000円
8月6日より

(*) スマートデバイス1台当りの月額料金

販売目標

2017年度末までに50,000ライセンス(なお、当社の決算期は3月末日です)。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、当社の登録商標です。

以上

注釈

注1 OBD2:
On Board Diagnosis second generation。自動車に備え付けられた故障診断用装置の標準規格。

関連リンク