日本通運/ハラール海上混載サービスを開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本通運/ハラール海上混載サービスを開始

日通、ハラール海上混載サービスを開始

2015年7月17日

~日系物流企業として初めて、マレーシア発日本向けサービスを実施~

 当社は、コンテナ1本に満たない複数のお客様の小口のハラール食品を対象としたマレーシア発日本向けの海上混載輸送サービスを、日系物流企業として初めて7月4日から開始しました。

洗浄中の海上コンテナ

(洗浄中の海上コンテナ)

(洗浄証明ステッカー)

【本サービスの特徴】

  • コンテナ1本に満たない小口のハラール食品を混載で輸送します。
  • マレーシア国内の集荷、日本までの海上輸送をハラール専用車両・専用コンテナで行います。
  • マレーシアでの積み込みはNORTHPORT(MALAYSIA)BHD(ポートケラン北港埠頭公社)が所有するケラン港内のハラール認証倉庫施設で行います。

 日本政府は、2020年までに年間2,500万人の外国人観光客を誘致する政策を推進しています。今後、イスラム圏からの日本への観光客も一層増加することが見込まれ、日本国内でのハラール食品の需要が増えることが予想されます。それに伴い食材も多様化し、多頻度少量の輸送需要が高まると考えられます。当社は、このような将来の需要増に的確にお応えするため、本サービスを開始しました。

 日通グループでは、現在、マレーシア国内でのハラール輸送認証取得に続き、倉庫の認証取得の準備を進めています。また、日本国内においてもハラール認証取得を準備しており、今後も国内外でハラール製品のロジスティクスサービスを強化してまいります。