ソフトバンク コマース&サービス/間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を大阪国際空港ターミナル(株)グループが導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ソフトバンク コマース&サービス/間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を大阪国際空港ターミナル(株)グループが導入

間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を
大阪国際空港ターミナル(株)グループが導入


 ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「ソフトバンク C&S」)は、2015年7月から大阪国際空港ターミナル株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岡本 仁志)とそのグループ会社11社(以下「大阪国際空港ターミナル(株)グループ」)に、間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を提供します。

 「パーチェスワン(http://www.purchaseone.info/)」は、購買業務に関わるコンサルティングの提供、ウェブ購買システムを活用した電子カタログの提供、企業の購買部門に代わって比較見積もりなどの購買業務を行うアウトソーシングサービスを行っています。

 大阪国際空港ターミナル(株)グループは、「パーチェスワン」を利用して、主に大阪国際空港(伊丹空港)での施設点検、修理などの役務、簡易な工事および事務用品、工具、部品などの備品・消耗品を比較購買し、コスト削減および業務の効率化を目指します。また、購買に付随する契約業務については、既に新関西空港株式会社およびそのグループ会社(以下「新関西国際空港(株)グループ」)で導入済みの電子契約システム「サインナップワン」を利用し、契約書の締結から保管・管理、検索までをトータルにクラウド化し、さらなるコスト削減、効率化を推進していきます。


[注]
 ※「パーチェスワン」は、新関西国際空港(株)グループにおいて2014年4月から導入されています。新関西国際空港(株)は、2013年12月に大阪国際空港ターミナル(株)の全株式を取得してグループ会社化しており、今後もグループ全体においてより一層の調達コストの削減と業務効率化を実現するために大阪国際空港ターミナル(株)グループにもパーチェスワンの導入を決めたものです。


 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。