インフォア/アビームコンサルティングと協業締結、SCMソリューションと高品質なコンサルティングサービスをシームレスに連携|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

インフォア/アビームコンサルティングと協業締結、SCMソリューションと高品質なコンサルティングサービスをシームレスに連携

インフォアとアビームコンサルティング、企業の経営力強化に関して協業締結
~あらゆる需要に応える柔軟なSCMソリューションと、
日本水準の高品質なコンサルティングサービスをシームレスに連携~

業界特化型のクラウドソリューションを提供するインフォア(本社:米国ニューヨーク州ニューヨーク、CEO:チャールズ・フィリップス)とアビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 俊典、以下:アビームコンサルティング) は、本日(現地時間)、企業経営の根幹を支えるSCM(サプライチェーンマネジメント)領域において協業に合意したことを発表します。
昨今、あらゆる業種において市場や生産拠点のグローバル化が定着し、グループ企業全体の生産管理能力を向上させるためのサプライチェーンの最適化が求められています。サプライチェーンの最適化には、業種や国毎に異なるビジネスでの需要に柔軟に対応できるSCMソリューションと、豊富な経験に裏付けされたきめ細やかなコンサルティングサービスが必須となります。
インフォアは特定業種に特化したSCMソリューションを提供しており、これまで多くの企業・組織のサプライチェーンの問題解決を提案し、顧客の物流基盤を構築してきた実績があります。
インフォアの提供するSCM実行系ソリューション「Infor SCE※1」は、倉庫管理に必要な主要機能を網羅し、汎用性が高く、グローバルロジスティクスへの対応やタスクマネジャー機能による人手作業の生産性強化に強みを持ちます。海外で700社以上、国内でも80社以上の導入実績があります。SCM計画系ソリューション 「Infor S&OP」は、モデル化アプローチによるサプライチェーン全体のコスト削減と、全体最適化エンジンによる顧客サービスや工場稼働率の改善に強みを持ち、生産方式が特殊な食品・飲料・ケミカル業界で多くの実績を誇ります。 これらのSCMソリューションはインフォアの最新のテクノロジーInfor 10xで構築され、その拡張性の高さにより、様々なビジネスの需要に柔軟に対応が可能です。
一方、アビームコンサルティングは、30年以上にわたりSCM領域に精通した約400名のコンサルタントが、日本はもとより欧米・中国・東南アジアを中心に20カ国以上で、国際的に事業展開をする製造業の国内外のお客様のグローバルサプライチェーン構築を支援してきました。グローバル時代に求められる柔軟で俊敏なサプライチェーン構築を支援するため、経営戦略の策定から業務プロセス改革、ITシステムの導入から運用・定着までを総合的に提供しています。また、より先進的な取り組みを志向するお客様に対しては、需要予測精度の向上、間接購買コストの低減、サプライヤ管理などより細部・深部の業務課題にフォーカスし、最新のICTを活用しその取り組みを支援しています。
今回の協業締結により、両社は共同で「Infor SCE」、「Infor S&OP」を中心としたコンサルティングとSCMソリューションの展開を開始します。これにより、インフォアの業種に特化した柔軟なSCMソリューションと、アビームコンサルティングのSCM領域におけるコンサルティングノウハウをシームレスに連携させ、企業経営を強化するサプライチェーン最適化のためのサービスを提供することが可能になります。
グローバル規模でのサービスの展開に先駆け、インフォアの日本法人であるインフォアジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:尾羽沢 功)とアビームコンサルティングは共同で、国内企業並びにアジアへ海外展開する日本企業を対象にサービスを展開します。特に、アビームコンサルティングが提供してきたグローバルサプライチェーン構築に関するサービスラインナップに、インフォアのグローバルで実績のあるソリューションを加えることで、現場で容易に情報が共有できる共通の基盤構築と業務プロセスの可視化や統合を通じ、企業のサプライチェーンの一層の効率化や精度向上を支援していきます。
両社は、今後数年間でグローバルでのサービスの展開およびクラウド分野などSCM領域以外への協業範囲の拡張を目指します。
インフォアジャパン株式会社 代表取締役社長尾羽沢 功は次のように述べています。
このたびインフォアが、アビームコンサルティング様と協業を締結できたことを喜ばしく思います。まずは、ここ日本よりアビームコンサルティング様と共同で日本企業のサプライチェーン最適化を実現し、日本品質をアジアに届けるファーストステップになるよう尽力してまいります。
アビームコンサルティング株式会社 代表取締役社長 岩澤 俊典は次のように述べています。
日本企業がグローバル市場で持続的な成長を続けるためには、変化の早い経済環境に対し俊敏に柔軟に対応できるグローバルサプライチェーンの構築が欠かせません。今回の協業により、グローバルで多くの導入実績を持つソリューションをラインナップに加えることで、自社のサプライチェーンをより効率化したい、高度化したいと考えるお客様に対し、より付加価値の高いコンサルティングサービスを提供していきます。

※1 Infor SCEは、倉庫管理システム「Infor WMS」に従来オプション提供してきたTMS(輸配送管理)モジュールを機能統合したSCM実行系ソリューションです。
※本文に記載されている会社名及び製品名は各社の商号、商標または登録商標です。

インフォアジャパンのソーシャルメディア:

*アビーム、ABeamおよびそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標または商標です。
*本文に記載されている会社名・商品名は一般に各社の登録商標または商標です。

インフォア、インフォアジャパンについて
インフォアは、200カ所以上の国と地域で73,000社以上のお客様に、エンタープライズ アプリケーションとサービスを提供し、企業成長と変化するビジネスニーズへの迅速な対応力強化を支援する、世界第3位のプロバイダーです。インフォアは、画期的なテクノロジーを使って、ビジネススピードを強化するように設計された専門性の高い業種特化型アプリケーションを提供しています。インフォアのソリューションは、リッチなユーザーエクスペリエンスで、クラウドやオンプレミス、あるいはその両方でも利用できる柔軟な導入オプションを提供しています。
インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。 詳しくは www.infor.jpをご覧ください。
以下はインフォアの代表的なお客様の例です:
・ 航空宇宙産業上位20社のうち19社
・ 大手ハイテク企業10社のうち10社
・ 製薬会社上位10社のうち10社
・ 米国医療提供ネットワーク上位25機関のうち22機関
・ 米国最大都市20のうち16都市
・ 自動車部品サプライヤ上位20社のうち20社
・ 産業流通企業上位20社のうち17社
・ 世界的小売企業上位20社のうち16社
・ 醸造企業上位5社のうち4社
・ 世界的銀行上位30行のうち21行
・ 世界的高級ブランド企業上位10社のうち6社
アビームコンサルティング グループについて
アビームコンサルティング グループは、アジアを中心とした独自の海外ネットワークを通じて、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 4,200名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。