住友林業/東南アジアでの木材建材流通事業を拡大|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

住友林業/東南アジアでの木材建材流通事業を拡大

東南アジアでの木材建材流通事業を拡大
タイ王国における梱包材・木質製品流通事業会社への出資および
当社グループ現地法人設立のお知らせ


 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)の子会社であるSumitomo Forestry (Singapore)Ltd.(以下、SFシンガポール)は、このたび、タイ王国(以下、タイ)において、梱包材製造・販売事業および木質製品流通事業を行うPAN ASIA PACKING LTD.(以下、PAP社)への出資ならびに、当社グループの現地法人でPAP社の持ち株会社となるSF Holdings(Thailand)Co.,Ltd.(以下、SFタイ)を設立しましたのでお知らせいたします。

     記

■PAP社買収および現地法人設立の背景・目的
 タイでは、近年の経済成長における消費者の購買力向上や住宅着工数の増加を背景に、木材建材事業においても市場の拡大が見込まれています。
 住友林業グループは、このたび、木質梱包材やパレットなどの製造・販売および木質製品の流通・販売を行うPAP社へ資本参入することで、同国内マーケットにおける収益基盤を確立させるとともに、事業領域のさらなる拡大を目指します。
 またタイ国内での事業拡大を見据え、当社グループの現地法人となるSFタイを設立いたしました。同社はPAP社の持ち株会社として同国内の事業管理体制を構築することを目的としております。
 このたびの事業参入により、当社グループは社内外の経営資源を横断的かつ柔軟に組み合わせ、これまでのトレーディング事業を中心としたビジネスモデルにとらわれない、自社が主体となった商材品流通の基盤構築を念頭に置いた新たな木材建材事業のモデル創出によって、世界各地での住生活需要に応えるとともにアジア・太平洋域における事業拡大に努めてまいります。


■PAP社の概要
 名称:PAN ASIA PACKING(パン アジア パッキング)LTD.
 所在地:タイ南部 Sriracha Chonburi Pinthong(シーラーチャー チョンブリー ピンドン)工業地域
 代表者:安永 友充
 資本金:THB 8,000,000-
 出資比率:SFタイ 51%・SFシンガポール49%
 事業内容:商材事業(木質製品)、梱包材、木質パレットの流通・販売
 従業員数:130人(現地駐在員1名を含む)


■SFタイの概要
 名称:SF Holdings(Thailand)Co.,Ltd.
 所在地:タイ南部 Sriracha Chonburi Pinthong工業地域(PAP社内に併設)
 代表者:細谷 洋一
 資本金:THB 2,000,000-
 出資比率:SFシンガポール49%、現地パートナー企業3社で51%


以上