富士通/ドライバーの安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FEELythm」を販売開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

富士通/ドライバーの安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FEELythm」を販売開始

ドライバーの安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FEELythm」を販売開始

ドライバーや運行管理者に対し、安全運転を支援

当社は、ドライバーの脈波から眠気の傾向を検知し、ドライバーや運行管理者に対し、安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(フジツウ ヴィークル アイシーティー フィーリズム、以下、FEELythm)」を開発し、2015年2月より運輸業向けに販売を開始します。

本製品は、株式会社富士通研究所(注1)が開発した独自のアルゴリズムにてドライバーの耳に装着したセンサーから取得した脈波情報などからドライバーの眠気状態を検知し、本人および運行管理者に通知することができます。また、デジタコなどの車載機と接続し、運行管理システムと連携させることで、運行管理者がドライバーの状態をリアルタイムに確認することができ、客観的なデータに基づいて最適な指示を出すことができるようになります

将来的には、疲労やストレス、緊張状態などの検知データを蓄積し、ハザードマップに適用することで、事前に危険予測を行い運輸安全マネジメントの向上に繋げることが可能です。

「FEELythm」本体(左)とレシーバー(右)
「FEELythm」本体(左)とレシーバー(右)
拡大イメージ

近年の交通事故は、運転意思や技能によらないヒューマンエラーが全体の約67%(注2)を占めています。この状況を改善するために、法令改正や国土交通省による安全運行に関わる機器の導入支援も開始されています。

当社は、こうした背景を受け、バス、トラック、タクシーなど様々な業種、環境の中での利用を可能にする「FEELythm」を開発いたしました。

本製品の特長について

  1. 業務での使いやすさを追求、長距離運行での活用が可能

    業務での使いやすさを追求し約90gの本体を首にかけ、イヤクリップセンサーを耳に装着して、脈波や自律神経状況などのバイタルデータを取得し、独自のアルゴリズムにより高精度な眠気検知をおこない、ドライバーに音声または振動で通知します。長距離運行での活用を想定し、5日間(注3)の連続使用が可能なバッテリーを搭載しています。

  2. 学習機能により個人差のばらつきを解消し、精度を向上

    自動キャリブレーション(注4)と学習機能により、バイタルデータの個人差などによる精度のばらつきを解消し、より正確に眠気の傾向を検知します。

  3. ドライバーへの安全運行指導に有効なシステム

    運行管理システムと連携することにより、運行管理者に対しても検知した情報を通知でき、管理者は客観的なデータに基づいた安全管理強化が可能です。

運行管理システムとの連携イメージ図
運行管理システムとの連携イメージ図

当社は今後、運転者情報や緊張の条件を蓄積・分析したハザードマップなどの活用により、事前に危険予測を行い運輸業での運輸安全マネジメント支援を拡大していきます。

販売価格、およびサービス発売開始時期

販売価格、およびサービス発売開始時期
商品名販売価格出荷開始時期
「FEELythm」 システムごとに個別見積 2015年3月

導入費用、保守費用は別途必要となります。

販売目標

今後3年間で70,000台

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

注1 株式会社富士通研究所:
代表取締役社長 佐相秀幸、本社 神奈川県川崎市。
注2 ヒューマンエラーは全体の67%:
警察庁「平成25年中の交通事故の発生状況」
注3 5日間:
1日の運転限度時間を9時間(厚生労働省「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」より)とする。当社調べ。
注4 キャリブレーション:
個人差、機器の個体差を調整し、基準値のずれを修正する機能。