富士通/食・農クラウド「Akisai」植物工場向け生産管理ソリューションを強化|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

富士通/食・農クラウド「Akisai」植物工場向け生産管理ソリューションを強化

食・農クラウド「Akisai」植物工場向け生産管理ソリューションを強化

小林クリエイトと販売提携し、「生育管理システム agis」を提供

当社は、食・農クラウド「Akisai(アキサイ、日本語通称:秋彩)」の生産管理サービスのラインナップに、新事業として植物工場(注1)で野菜の生産・販売を開始した小林クリエイト株式会社(本社:愛知県刈谷市 代表取締役社長 小林友也、以下 小林クリエイト)の植物工場・施設園芸(注2)向け生産管理ソリューション「agis(エイジス)生育管理システム」を加え、「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai 生育管理システム agis」として2014年8月より販売開始します。

本ソリューションは、ハンディターミナルを活用し、栽培現場での作業履歴収集とデータ管理を容易にするサービスで、多品種少量生産や、栽培植物をロットごとに管理する植物工場・施設園芸での生育管理に適しています。

当社は、今後、Akisaiシリーズ間のデータ連携や、受注・生産・出荷・在庫管理までの供給サプライチェーン化を目指し、収益や効率性を高める企業的農業経営の実現に貢献してまいります。

食・農クラウド「Akisai」商品体系
食・農クラウド「Akisai」商品体系

背景・課題

植物工場・施設園芸栽培は、虫や異物の混入が少なく、自然環境の影響も受けにくいことから周年での計画的・安定的な生産が可能になり、野菜、果実、花木、種苗など栽培品目の多様化が進んでいます。その一方、露地栽培とは異なりロット単位での管理や、生育途中で栽培場所を移動する必要があるなど、作業履歴の収集・管理に手間がかかっていました。

「食・農クラウド Akisai 生育管理システム agis」の特長

作業者はハンディターミナルを管理単位のロットに挿してあるRFIDや二次元コード付きタグにかざし、個体を識別しながらハンディターミナル上で作業実績を入力することが可能となります。これにより、生育途中で栽培場所が変わる植物工場においても播種から収穫まで一貫した作業履歴の管理が容易になります。

また、ハンディターミナルで入力した情報はオフィスのパソコンに蓄積され、管理ロット単位での作業進捗や生育状態を視覚的に確認することができます。これにより、作業の遅れや対応状況などのロットごとの集計や分析、生産管理の効率化につなげることができます。さらには、実績データを農業生産者間で共有することで、栽培技術の習得や作業品質の向上を実現します。

ハンディターミナルをかざして作業内容を入力
ハンディターミナルをかざして作業内容を入力

管理ロットごとの集計や分析が可能
管理ロットごとの集計や分析が可能

当社は、本サービスを社内実践として、低カリウムレタスを生産している「会津若松Akisaiやさい工場」(福島県会津若松市)に2014年10月に導入予定です。今後も農業生産に関わる現場の要望を取り入れながら、豊かな食の未来へICTで貢献するべく、食・農クラウド「Akisai」シリーズの拡充・強化を進めてまいります。

ハンディターミナル連携機能(RFID読取り)
ハンディターミナル連携機能(RFID読取り)

販売価格、および提供開始時期

販売価格、および提供開始時期
製品・サービス名 販売価格(税別) 提供時期
FUJITSU Intelligent Society Solution
食・農クラウド Akisai 生育管理システム agis
個別見積り 2014年8月予定

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

注1 植物工場:
植物工場とは、施設内で植物の生育に必要な環境をLED照明や空調、養液供給などにより人工的に制御し、季節を問わず連続的に生産できるシステムのこと。
注2 施設園芸:
施設園芸とは、ガラス室・ビニールハウスなど、加温・保温の種々の容器的施設の中で行われる園芸農業のこと。

関連リンク