クラリオン/車載情報およびコネクティビティシステムの次世代化を目指す、Google のオープン・オートモーティブ・アライアンスに参加|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

クラリオン/車載情報およびコネクティビティシステムの次世代化を目指す、Google のオープン・オートモーティブ・アライアンスに参加

クラリオン、Google のオープン・オートモーティブ・アライアンスに参加

2014年06月26日

本アライアンスで、車載情報およびコネクティビティシステムの次世代化を目指す

クラリオン株式会社(取締役社長兼COO:川本 英利 / 以下、クラリオン)はこのたび、Google のオープン・オートモーティブ・アライアンス(以下、OAA)のメンバーとして参加することになりました。 OAAは、Android ™OSをベースとする車載用プラットフォームの開発を目的に、世界の自動車関連メーカーが参加するグローバルな協力関係です。アライアンス・メンバーは、Androidベースのスマートフォンユーザーに、新設計の車載モニターを通し、多くのスマートフォン用アプリケーションの使用を可能とすることで、これまでにないコネクティビティ体験を提供します。
クラリオンは、信頼性と安全性が高く、優れたHMI技術を併せ持つ車載システムにより、車載コネクティビティ・スペース開発グループの企業として選ばれました。今回の参加によりクラリオンは、新プラットフォームの開発に多大な貢献を果たす好機と捉えています。クラリオンのOEM製品およびアフターマーケット製品ユーザーが、車中でアプリケーションを使用するためのAndroidベースのプラットフォームの実現に向け重要だと考えています。
クラリオンは、2015年の市場導入をめざして、製品開発に取り組んでいます。
※当資料に記載する社名、商品名は各社の商標または登録商標です。