トーマツ/グローバル需要に対応した農業物流モデルを構築|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

トーマツ/グローバル需要に対応した農業物流モデルを構築

2014.06.17 グローバル需要を取り込む新たな農業事業モデルの構築開始

官民協働による日本農産物の輸出拡大プロジェクトに参画

 

有限責任監査法人トーマツは、日本の農業の成長産業化に向け、「グローバル需要を取り込む新たな農業事業モデルの構築」を開始します。最初の取り組みとして、官民協働で日本農水産物の輸出拡大モデル構築を目指す経済産業省の「グローバル農商工連携推進事業」に応募し、採択されました。

日本の農業を強化し成長させるためには、アジアをはじめとする成長市場をターゲットとした日本農産物の輸出や、日本の技術を用いた海外での現地生産・流通等により、グローバル需要を獲得することが必須です。その実現に向けた主な課題は、日本農業の強みと世界市場の動向を踏まえた戦略品目の選定、生産・流通・販売を統合し競争力を高めるバリューチェーンの構築、植物検疫等の国レベルでの法規制対応等、多方面にわたり、単独企業での解決は困難です。
そこで、農業ビジネスおよび他インダストリーに関する多くの知見と、世界150を超える国・地域にわたるデロイトのグローバルネットワークを擁するトーマツは、生産者や農業関連団体、各業界の企業、政府が有機的に連携し多面的課題に取り組むスキームをつくり、グローバル需要の獲得に向けた新たな事業モデルの構築を推進します。グローバル農商工連携推進事業への参画はこの活動の一環です。