キヤノンソフトウェア/NACCSに対応した貿易EDIシステム を新発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

キヤノンソフトウェア/NACCSに対応した貿易EDIシステム を新発売

NACCSに対応した貿易EDIシステム
「DEX Business Server Trade Gateway for NACCS」を新発売
通関業務の迅速化に貢献

キヤノンMJ ITグループのキヤノンソフトウェア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤 高裕、以下キヤノンソフト)は、貿易EDIシステム「DEX Business Server Trade Gateway for NACCS」を2月4日から発売開始します。

DEX Business Server Trade Gateway for NACCS

キヤノンソフトが1983年より販売するEDIシステム「DEX」シリーズは、メインフレームからオープン系プラットフォームまで、幅広いラインアップを取り揃えています。このたび、長年の経験を生かし、企業の貿易業務システムとNACCS※センターを接続して業務連携を行う用途に特化した「DEX Business Server Trade Gateway for NACCS」をラインアップに追加しました。貿易、国際物流では、国内取引に比べ複雑な手続きや多くの関係機関(荷主企業、取引先企業、通関業者、官公庁)が存在するため、高度な物流管理体制と迅速な手続きが求められます。「DEX Business Server Trade Gateway for NACCS」は、日本で唯一の貿易税関システム「NACCS」とスムーズに連携することで、関係機関同士の情報共有、業務フローの可視化を促進し、貿易に関する各種手続きのリードタイム短縮、通関事故(書類紛失/人為ミス 等)のリスク軽減にも貢献します。
キヤノンソフトは、「DEX Business Server Trade Gateway for NACCS」を通関業者および自社通関を行っている製造業、商社などを中心に、2014年内で1億円の売上げを目指します。

製品名 価格(税別) 発売日
DEX Business Server Trade Gateway for NACCS
専用線版(4セッション)
50万円
2014年2月4日
DEX Business Server Trade Gateway for NACCS
インターネット版(4セッション)
55万円
2014年4月予定