伊藤忠商事/アパレルのマーケティング・企画・生産・販売の強化を図るため、合弁会社「コンバースアパレル」を設立|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

伊藤忠商事/アパレルのマーケティング・企画・生産・販売の強化を図るため、合弁会社「コンバースアパレル」を設立

新会社「コンバースアパレル」設立について

2013年9月30日

この度、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)と美濃屋株式会社(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役社長:木野村守彦、以下「美濃屋」)は、「コンバース」ブランドにおけるアパレルのマーケティング・企画・生産・販売の強化を図るため、合弁会社「コンバースアパレル株式会社」(以下「コンバースアパレル」)を設立しました。
競争が激しくスピーディーに変化する市場環境において、お互いのノウハウと経営資源を投入することで「コンバース」ブランドの更なる価値向上と市場拡大を目指します。

「コンバース」ブランドの日本市場展開では、商標権を保有する伊藤忠商事が、コンバースジャパン株式会社(以下「コンバースジャパン」)をマスターライセンシーとして、コンバースフットウェア株式会社(以下「コンバースフットウェア」)を始めとするサブライセンシーと連携を取りながら、ブランディング及びマーケティングを行っています。伊藤忠商事と美濃屋は、1993年にカジュアルウェアのサブライセンス契約を締結して以来、20年間に亘り、共に日本市場における「コンバース」ブランドの価値向上に寄与してきました。数多くのブランドが割拠するアパレル業界において、今後も「コンバース」ブランドの100年を超える歴史と、幅広い消費者からの支持という2つの大きな強みを最大限に活かしていくためには、これまで以上にコアアイテムであるシューズとの連携が必要であると考え、今回の新会社設立に至りました。

 コンバースアパレルは今後、コンバースジャパン及びコンバースフットウェアとの連携をさらに強化し、シューズと連動した企画も増やしながら、ショップ展開やスポーツ流通など新規販路への進出も図り、3年後小売上代ベースで150億円の売上を目指します。

新会社の概要

社名
コンバースアパレル株式会社
本社
岐阜県岐阜市柳津町高桑5-112
決 算 期
3月
代 表 者

代表取締役会長   木野村 守彦(美濃屋 代表取締役社長兼務)

代表取締役社長   福嶋義弘  (伊藤忠商事より出向、

            コンバースフットウェア取締役会長兼務) 

事業目的

コンバースアパレルのマーケティング、企画、生産、販売

ブランドロゴ

[ブランドロゴ]