ゼンリン/東日本大震災被災地の地図情報を大幅更新|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ゼンリン/東日本大震災被災地の地図情報を大幅更新

ゼンリンが東日本大震災被災地の地図情報を大幅更新
~ゼンリンデータコムの「いつもNAVI」に反映~

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山 善司、以下「ゼンリン」)は、全国の地図情報の定期整備に加え、被災地32市町村を対象に、震災によって変化した海岸線や河川形状、通行が不可能になった道路や新設された道路などの地図情報を新たに整備しました。
 また、株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水 辰彦、以下「ゼンリンデータコム」)は、ゼンリンが新たに整備した地図情報をゼンリンデータコムがスマートフォン・携帯電話向けに提供している、地図・ナビゲーションサービス「いつもNAVI」※1(NTTドコモ向けは、NTTドコモがスマートフォン・携帯電話向けに提供している「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」)、地図・ルート検索サイト「いつもNAVI」に2013年5月22日(水)から反映しました。
 今回の反映は、東日本大震災発生以来、ゼンリンが進めている被災地の地図情報整備の一環です。

※1
非通信版のスマートフォン向け「いつもNAVI[ドライブ]」を除く。
「いつもNAVI」商品詳細:http://www.its-mo.com/

「いつもNAVI」(画像イメージ)で見た、陸前高田市沼田付近

「いつもNAVI」(画像イメージ)で見た、陸前高田市沼田付近。例えば、震災によって不通となった大船渡線や、国道(橙)と県道(黄)の立体交差が変化した状況などを反映しました。

被災地を対象に新たに整備した地図情報

対応項目 更新内容
海岸線 震災によって変化した海岸線の反映
河川 震災によって変化した河川形状の反映
道路 震災によって通行が不可能になった道路の形状、道路ネットワーク情報などの反映
復興に向け新たに整備された道路の形状、道路ネットワーク情報などの反映
鉄道 震災によって不通となった鉄道の形状の反映

被災地の整備対象エリア(32市町村)

都道府県名 対象市町村名
青森県 八戸市、階上町
岩手県 陸前高田市、大船渡市、洋野町、山田町、田野畑村、野田村、普代村、大槌町、宮古市、久慈市、釜石市、岩泉町
宮城県 岩沼市、名取市、多賀城市、山元町、亘理町、女川町、石巻市、仙台市、気仙沼市、東松島市、塩竈市、南三陸町、松島町、利府町、七ヶ浜町
福島県 いわき市、相馬市、新地町
本リリースに記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。