ヴォコレクトジャパン/日本地区ユーザー会を設立|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ヴォコレクトジャパン/日本地区ユーザー会を設立

音声物流ソリューションの「ヴォコレクト」を導入した企業が結集し、日本地区ユーザー会を設立
ユーザー主体の運営により 相互の情報交換と利用技術の研究と行い、より高度な活用を目指す場として活動


東京-2013年3月4日-音声物流ソリューションを提供するヴォコレクトジャパン株式会社 (東京都港区、代表取締役 内田雅彦、現インターメック[Intermec Inc.、NYSE:IN])は、国内において当社の音声物流ソリューション「Vocollect Voice®」を導入している 30社、50施設を超えるユーザーとその構築を担当したパートナーが、相互の経験や知見の情報交換と利用技術の研究等を行い 音声物流のより高度な活用を推進する組織として、「ヴォコレクト・ヴォイス 日本ユーザー会(VVUG-J*)」(以下ユーザー会)を設立し、去る2月27日より活動を開始したことをお知らせします。


*Vocollect Voice User Group Japanの略
本ユーザー会は、音声ソリューション「Vocollect Voice®」のユーザーやパートナーが、自社での構築経験・利用実態や、改善効果・評価指標などを相互に情報交換することにより、様々な業種・業態における音声ソリューションの活用方法の研究を行います。また、日本国内における音声ソリューションの利用において、必要とされる機能について取りまとめ、さらにはヴォコレクト社と機能拡張要求について協議をしていく活動などを通じて、より高度な音声物流の活用を目指すことを目的として設立されました。更に、その成果の一部を広く公開していくことにより音声物流の更なる普及と展開を図ることも計画しています。なお、本ユーザー会は、ベンダーであるヴォコレクト社とは一定の独立性を保って、ユーザー主体で運営を行う方針です。


【ユーザー会設立の経緯】
現在、日本国内において「Vocollect Voice®」は30社以上の企業の50以上の施設において導入頂いており、20数社のヴォコレクトのパートナーがソリューションの開発・導入・保守を展開しています。2012年11月に更なる音声ソリューションの効果的な活用を研究するために、数十社のユーザー、パートナーが参加して開催された「第一回 音声物流研究会」において、本ユーザー会設置が提案がなされ、参加者の満場一致で設立が合意されました。
それを受け、ユーザー代表である幹事団において、ユーザー会の目的、活動、会則等が協議され、2 月27 日に東京コンファレンスセンター品川(東京都港区)で開催された「第一回 ヴォコレクト・ヴォイス 日本ユーザー会(VVUG-J)設立総会」において正式にユーザー会として発足しました。総会にはユーザー、パートナー総勢56 名が出席して、研究活動のための分科会の設置などが討議され、具体的な活動方針が承認されました。また、総会後に開催された懇親会では様々な業種・業態の垣根を越えたユーザー会会員相互の情報交換と親睦の和が広がりました。
この度のユーザー会の発足についてヴォコレクトジャパンの内田は「2006 年の日本における事業展開の開始以来、個々のユーザー様の活用事例が発表されるに従って導入を希望されるお客様が増え、この度ついにユーザー会が組織されるに至ったことは大変喜ばしいことであると同時に、当社の音声物流ソリューションが"次の局面"を迎えたことを実感しております。ユーザー会会員各社が、研究活動を通じてさらに高度な活用を推進し、お客様の業務改革推進や経営目標達成に活かしていただけることを期待しております。また、我が国の音声物流の先駆けであるユーザー会会員各社が、その研究成果を広く伝えていただけることにより、音声物流がいよいよ本格的な普及期を迎えることを確信いたしております。当社は、ユーザー会と良い緊張感を保ちながら、ベンダーとしてより効果的で高機能な製品をご提供し続けることで、当社のソリューションに携わるすべての方々にとって有益な成果を出し続けていけるよう、ユーザー会とともに歩んで参る所存です」と述べています。

 

総会の様子.jpg