コグネックス/物流業界向け超高速・高性能バーコードリーダを発表|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

コグネックス/物流業界向け超高速・高性能バーコードリーダを発表

コグネックス、
物流業界向け超高速・高性能バーコードリーダ
「DataMan(R)503」を発表

~業界の常識を覆す読み取り性能により処理量の増大に大きく貢献~



 コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 井上 誠)は、本日、物流・郵便・小売流通業界向けの超高速・高性能な画像ベースの最新型工業用バーコードリーダ「DataMan(R) 503」を発表しました。「DataMan 503」は、高速仕分け、幅広コンベア対応、多面読み取りなど、複雑な物流アプリケーションに対応できるようデザインされています。またHotbars(TM) 画像解析技術を搭載し、比類ない読み取り率を実現しています。さらに、バーコードの状態を視覚的に確認できるため、読み取れなかった場合の原因を画像で確認・解析し、即座に工程にフィードバックすることもできます。本体は可動部のない構造で耐久性に優れ、物流現場での使用に適したデザインとなっています。
 高性能バーコードリーダ「DataMan 503」は、あらゆるバーコード読み取りアプリケーションにおいて最高性能を発揮します。その優れた機能と読み取り率は、これまでのバーコード読み取りの常識を大幅に覆すものです。


【高い読み取り率が、手作業による非効率性を改善】
 コグネックスの画像ベースバーコードリーダは、レーザースキャナ方式では実現できない性能の高さとその導入効果が高く評価され、多くの企業で採用が進んでいます。さらに、コグネックスの画像ベースバーコードリーダは従来の技術の限界を超え、これまで不可能とされていた高速かつ高い読み取り率の両立を実現します。物流・流通業界でよく使われている多数のレーザースキャナやラインスキャンシステムを組み合わせた、複雑で高価なバーコード読み取りシステムから画像ベースのバーコードリーダ「DataMan 503」に移行することにより、読み取り率を劇的に向上させ、読み取り不良に伴う手作業での生産性低下を改善しコストの大幅削減を実現することができます。

【難しい物流アプリケーションに最適な高性能バーコードリーダ】
 「DataMan 503」は、既存のDataMan バーコードリーダの機能をさらに強化し、物流業界における画像ベースバーコードリーダの適用範囲を拡大しました。特に、高速仕分けライン、ベルト幅の広いライン、荷物の高さが異なるアプリケーションで威力を発揮します。


<DataMan 503の主なアプリケーション>
 ■高速仕分け
 ■多面のトンネルスキャニング
 ■広い視野でのプレゼンテーション・スキャニング


<DataMan 503の主な特長>
 「DataMan 503」には、コグネックスのバーコードリーダ機能のすべてが搭載されています。
 ■独自開発の"Cognex Hotbars"画像解析テクノロジー
  損傷・劣化・傷・ぼやけ・低コントラスト・高さ不足など、レーザースキャナでは読み取れないバーコードも読み取り可能。
 ■バーコードの状態を視覚的に確認可能
  バーコードが読み取れなかったときの画像を保存することにより、不良の原因を視覚的に解析し、即座に工程へフィードバック可能。
 ■長い製品寿命(高い耐久性)
  レーザースキャナと比べ、可動部品がなく、耐久性に優れた構造。摩耗等による部品交換も不要。
 ■設置・設定が簡単
  複雑なセッティングを必要とせず立ち上げ工数の削減に貢献。複数台でのアプリケーションにおいても同期が簡単。


<販売開始時期およびプロモーション>
 ■2013年1月22日(火)より販売を開始します。
 ■Cognexの物流業界向けバーコードリーダDataManシリーズと新製品DataMan 503に関する詳細は、http://www.cognex.com/MiniSite/Video.aspx?id=11663&langtype=1041をご覧ください。


■コグネックス株式会社
 コグネックス株式会社(本社、東京都文京区)は、コグネックスコーポレーション100%出資の下、1988年に設立され、半導体、エレクトロニクス業界を中心に急成長を遂げました。コグネックス株式会社は日本市場において画像処理システムの輸入、販売、サポートを行う画像処理のトータルソリューションプロバイダであり、コグネックスグループの中で最も重要な拠点のひとつとなっています。
 詳細は、Webサイト(http://www.cognex.co.jp/)をご覧ください。


■コグネックスコーポレーション
 コグネックスコーポレーション(本社米国)は、画像処理技術を基盤とした画像処理システム(ビジョンシステム)、画像処理ソフトウェア(ビジョンソフトウェア)、画像センサ(ビジョンセンサ)、産業用バーコードリーダの設計、開発、製造、販売において、世界をリードする企業です。革新的な技術を搭載しているコグネックスの画像処理システムとバーコードリーダ製品は、生産や流通の工程において、広範囲にわたる検査、認識、識別、位置決めで、世界中に採用されています。1981年の創業以来30年にわたって、累計収益30億ドル以上、出荷台数80万台以上の実績をもち、最高の精度、信頼性、性能を提供する製品として全世界で高い評価を得ています。コグネックスは、米国のマサチューセッツ州ネイティックに本社を構え、日本、北米、ヨーロッパ、アジア、中南米などの拠点、パートナーを含め、全世界をカバーするグローバルな体制で、卓越したサービスをお届けしています。
 詳しくはWebサイト(http://www.cognex.com/Main.aspx?locale=us)をご覧ください。