TIS/インフォアと中堅規模および海外展開する製造業向けの生産管理ソリューション分野で協業|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

TIS/インフォアと中堅規模および海外展開する製造業向けの生産管理ソリューション分野で協業

TISとインフォアが中堅規模および海外展開する製造業向けの生産管理ソリューション分野で協業
-『Infor SyteLine』の提供を開始-



 ITホールディングスグループのTIS株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:桑野徹、以下TIS)と、インフォアジャパン株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:村上智、以下インフォア)は、日本の中堅規模および海外展開する製造業向けの生産管理ソリューション分野で協業することを発表します。

 本協業により、TISは生産管理分野に強みを持つERPパッケージである『Infor SyteLine』の提供を開始し、導入コンサルティングからシステム構築、運用、保守まで、ワンストップでサービスできる体制を構築し、インフォアは、『Infor SyteLine』導入に関する技術支援および販売支援を行います。
 特に、海外展開を実施・検討中の日本の企業に対しては、両社の持つグローバルなサポートネットワークや海外導入実績をベースに、安心かつスピーディな導入が1拠点から可能です。

 これらの取り組みによりTISは、3年後に『Infor SyteLine』関連のビジネスを50億円に拡大することを計画しています。


<協業の背景>
 ビジネス環境の変化や市場競争の激化から、製造業の中でも特に売上高数百億~1千億円規模の中堅企業では納期の短縮化やサプライチェーンの複雑化などの課題に直面しており、「業務効率化」「コスト削減」「生産能力の向上」を実現する新たな生産管理システムの構築が急務とされています。また、昨今のグローバル化の流れを受け、製造、調達などの生産管理分野においては、グローバル拠点間の連携に適した業務プロセスの構築も問題となっています。

 このような市場背景に対して、中堅規模およびグローバルに展開する製造業の「業務プロセスの最適化による市場競争力の向上」を支援するため、製造業向けの豊富なSI実績・ノウハウを持つTISと、グローバルで高い実績を持ち、販売、在庫、生産管理などの機能に特長のある『Infor SyteLine』を有するインフォアが、協業していくことで合意しました。


<Infor SyteLineについて>
 『Infor SyteLine』は、組立加工型製造業を主な対象とした、柔軟性のある高機能な包括的ERPです。業務特化型機能が備えられ、生産、ロジスティクス・在庫管理、購買・受注、財務といった中核業務プロセスの効率性を向上させます。全世界で5000サイト、日本で180サイトに導入されており、そのほとんどの企業において販売、在庫、生産管理分野で利用されています。また、従来のように、ERPが標榜するパッケージに業務を合わせるというコンセプトではなく、企業のコアコンピタンスを最大限に活かすことを目標に、必要に応じてアドオン、カスタマイズを実施し、バージョンアップの際も手直しを必要としない構成になっています。


<主な協業内容>
 ・『Infor SyteLine』の導入支援
  TISがこれまでに培った基幹業務システムの導入経験・ノウハウを基に、業務全体の見直しからシステム導入までを最短4ヶ月の期間で行います。導入にあたっては、インフォアが全面的に技術面の支援を行います。

 ・海外展開支援
  『Infor SyteLine』をベースにした、生産管理システムの海外ロールアウト展開の支援を行います。TISが拠点を持つ、中国およびASEANエリアに加え、インフォアの全世界34ヶ国116拠点の海外サポート体制により、製造業の海外生産拠点への『Infor SyteLine』導入を支援します。

 ・SaaS型提供に向けた検討
  資産を持たない形でのシステム導入を可能にするため、SaaS型で『Infor SyteLine』を提供することについても検討を進めていきます。

 ・共同マーケティング
  両社でセミナー、イベントやオンラインキャンペーンなど、各種の共同マーケティング活動を実施します。まずは、11月より共催セミナーの開催を予定しています。

 ※『Infor SyteLine』導入に関する詳細などは下記URLをご参照下さい。
  http://www.tis.jp/service_solution/production_control/


<エンドースメント>
 インフォアジャパン株式会社 代表取締役社長 村上 智は以下のように述べています。

 「主に組立加工型製造業のお客様より高い評価をいただき、全世界で5000拠点もの導入実績がある『Infor SyteLine』により、低コスト、短期間でのシステム導入を実現できます。本製品の販売および導入に際し、豊富なシステム導入サービス体制、日本国内のみならずグローバルなサポートネットワークや海外導入実績をもつTIS株式会社様との提携により、製造業のお客様へさらなる価値提供を行えることを大変嬉しく思います」


【TIS株式会社について】
 ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご覧下さい。
 http://www.tis.co.jp/

【インフォアジャパン株式会社について】
 インフォアジャパン株式会社は、米国インフォアの日本法人として、ERPをはじめとする各種ソリューションを、様々な分野に精通したチャネルパートナー企業を通じて提供しています。164カ国、70,000社以上のお客様にビジネスアプリケーションを提供し、業務改善と企業成長を支援する先進的なビジネスソフトウェアおよびサービスのプロバイダーです。詳しくはhttp://www.infor.jpをご覧ください。