富士通/商用車向け運行管理システムをクラウドサービスで提供開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

富士通/商用車向け運行管理システムをクラウドサービスで提供開始

商用車向け運行管理システムをクラウドサービスで提供開始

スマートフォンとSaaSの連携で、コスト、運用負荷を大幅削減

当社は、商用車向けに、スマートフォンで収集した車両の運行情報やドライバーの作業情報を、クラウドサービスで管理・分析する運行管理サービス「TRIAS/TR-SaaS for Smartphone(トライアス ティーアール サース フォー スマートフォン)」を、8月3日より販売開始します。

本サービスは、スマートフォンとSaaSを連携させることで、コストや運用負荷を大幅に削減するとともに、短期導入を可能にしたものです。エコ&セーフティドライブ機能により、ドライバーの運転特性を可視化し、安全で燃料ロスの少ないエコドライブを支援します。また、オプション機能である社員の位置情報を把握する機能により、タイムリーな業務指示が可能になり、さらに、日報の自動作成機能により、ドライバーの作業負荷を大幅に削減できます。

これにより、デジタコが装備されていない車両を保有する企業でも、業務効率や燃費向上によるコスト削減、安全運転による輸送品質の向上、さらには環境貢献への取り組みを強化し、業務改革につなげていくことができます。

昨今の燃料費の高騰や事故撲滅に向けた交通安全の強化を受けて、デジタコ装備を義務付けられる運送会社だけでなく、車両を保有しビジネス展開するあらゆる企業において、ロスの少ないエコドライブを徹底し、業務品質や業務効率を向上するため、運行情報やドライバーの作業情報管理へのニーズが高まっています。

当社は、デジタコ版運行管理システムとして運送事業者に導入実績を持つ「TRIAS/TR-SaaS」をベースに、コストを抑えて容易に導入できるスマートフォン版のクラウドサービス「TRIAS/TR-SaaS for Smartphone」を提供します。本サービスは、株式会社富士通九州システムズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:川田 敏郎)が開発しました。

本サービスのイメージ

本サービスのイメージ

本サービスの特長

  1. スマートフォンを活用し作業効率を大幅に向上
    • 企業への導入が加速するスマートフォンで広く使用されているAndroid OSをサポートしており、さまざまなキャリアのAndroidベースのスマートフォンが利用できます。スマートフォンとSaaSを連携させることで、コストや運用負荷を大幅に削減するとともに、短期導入を可能にしました。
    • GPSを利用して、車速情報や位置情報などの運転情報を簡単かつリアルタイムに記録できます。
      また、オプションにより、センター側で社員の位置情報をリアルタイムに把握し、タイムリーに作業指示が可能です。
      さらに、配送や訪問に関する作業記録をもとに日報を自動作成できる機能により、ドライバーは帰社後の作業時間を大幅に短縮することができます。
  2. 特許技術を利用したエコ&セーフティドライブ機能により安全でロスの少ないエコドライブを支援
    • 一般的な運行管理の評価対象は、制限速度を超える範囲のみでしたが、本サービスのエコ&セーフティドライブ機能では、制限速度を超過していない部分も含めて運転技術を評価することができます。道路状況を踏まえた車両ごとの燃費やCO2排出量を視覚的に表示できるため、エネルギーロスの少ない、環境に優しい運転をドライバーに意識させ、気付きや創意工夫を喚起し、改善につなげていくことができます。
  3. SaaS型での提供により、低価格かつ、短期間でサービスを利用可能
    • ICTシステムの構築に必要なハードウェアや、事業所ごとのソフトウェアのインストールが不要です。インターネットに接続できるパソコンがあれば、容易に利用できるため、初期費用をおさえて短期間で利用を開始できます。堅牢なファシリティ管理と万全なセキュリティ対策を施した当社システムセンターで管理するため、お客様は安心して利用することができます。

販売価格、および出荷時期

販売価格、および出荷時期一覧
商品名 販売価格(税別) 出荷時期
TRIAS/TR-SaaS for Smartphone
(スマートフォン1台あたりのサービス利用料)
月額1,100円から 即日
TRIAS/TR-SaaS for Smartphone
(追加PCクライアントライセンス)
月額3,000円から

導入初期時は別途、導入支援費が必要になります。

販売目標

2016年度末までに累計6万車両 (なお、当社の決算期は3月末日です)

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

関連リンク