大日本印刷/販促物の在庫・配送業務を一元管理するSaaS型サービスに中小規模向け廉価版を追加|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

大日本印刷/販促物の在庫・配送業務を一元管理するSaaS型サービスに中小規模向け廉価版を追加

販促物の在庫・配送業務を一元管理するSaaS型サービス
ConnectingOneシリーズに中小規模向け廉価版『ConnectingOne Lite』を追加

充実した機能と導入しやすい価格で、販促資材の管理コストを低減

 

「ConnectingOne Lite (コネクティング・ワン ライト)」の詳細
http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10033512_5309.html

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、カタログやリーフレットなどの販促物や帳票の在庫管理や、全国の営業所や代理店への配送業務をインターネット上で一元管理するSaaS型サービス「ConnectingOne(コネクティング・ワン)」を展開しています。今回、販促物の取り扱い規模が一定量以下の中小規模の事業者向けに廉価版とした「ConnectingOne Lite(コネクティング・ワン ライト)」の提供を6月19日に開始します。

【「コネクティング・ワン」シリーズの概要】

「コネクティング・ワン」は、カタログやリーフレット、POPなどの販促物や帳票の在庫管理や配送業務などを、Webブラウザを介して一元管理するシステムを提供するもので、現在までに50社以上に採用され、操作性や使い勝手などの面で多くの評価を得ています。

当サービスを利用する場合、各企業の営業所や代理店は、カタログなど必要な販促物の品名、納入先、数量をパソコン上の簡単な操作で指示することができます。また、注文した販促物の配送状況や本社と営業所間での費用振替の確認もでき、販促物の配送に関わる煩雑な事務処理を効率化させることができます。

一方、本社の販促物を統括する部門は、パソコン上で、各営業所からきた販促物の配送依頼を承認するだけで物流部門への出荷指示が行えます。これにより、これまで行ってきた社内からの大量の配送依頼を集約する必要がなく、各種におよぶ販促物の入出庫などの在庫管理、費用集計などの業務を円滑に実施できます。また、DNPは、カタログやPOP、キャンペーンツールなど販促物の配送や在庫管理などの物流業務を含むアウトソーシングサービスも提供しており、販促物の企画・制作から配送までトータルにサポートします。

【「コネクティング・ワン ライト」の特長】

1.  低価格・短納期で導入可能

「コネクティング・ワン ライト」は、DNPに物流業務まで一括して委託するタイプと、システムのみを利用するタイプの2種があります。従来のコネクティング・ワンに比べて、システム利用者数を1/2に、トランザクション数を1/5に縮小し、販促物を取り扱う量がさほど多くない規模の企業や、効果を見極めるための数ヶ所の営業拠点でのテスト運用をしたい企業などの利用に最適な低価格を実現しました。システムのみを利用するタイプの場合、3週間程度で運用を開始できます。

2.  配送管理

営業所などの担当者は、画像付きで表示される取扱アイテムから必要な販促物を選択し、数量・納期・納入場所を入力するだけで配送手続きを完了できます。複数の営業所などの配送依頼は、コネクティング・ワンにて取りまとめられ、一括して社内外の物流部門やサプライヤーに指示されます。物流部門やサプライヤーは、コクティング・ワンにアクセスして配送依頼の内容を確認し、配送します。一連の指示と進捗については、自部門・全部門での承認状況から配送状況までコネクティング・ワン上で確認できます。

3.  在庫管理

コネクティング・ワンに登録された販促物は、在庫数や入出庫数を一覧でリアルタイムに確認できます。また、在庫切れや発注しなければならない在庫水準を下回った時点で、管理者の画面に警告表示されるため、発注時期を明確化して欠品を防ぐことができます。

4.  販促物の印刷ロットの最適化(オプション)

販促物の過去の出荷実績を分析して、管理者に次期印刷ロットを提示します。また、オンデマンド印刷で必要数だけを制作するなど、印刷ロットの最適化を実現します。

【参考価格】

システム初期費用:36万円~、月額利用料:16万円~

※価格は税抜きです。

【今後の展開について】

今後DNPは、コネクティング・ワンシリーズを、メーカーや金融などを中心に提供し、カタログやリーフレットなど各種販促物の制作や物流業務のアウトソーシングなど含め、2014年度までに100億円の売上を目指します。

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。