イーソーコドットコム/秋元運輸倉庫に配送手配システムを納入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

イーソーコドットコム/秋元運輸倉庫に配送手配システムを納入

秋元運輸倉庫様に配送手配システムを納入
中小サイズのデータ量に対応し、導入しやすく


秋元運輸倉庫株式会社(本社・東京都港区、荒牧敏夫社長)は5月1日、配送手配システムを本格稼動します。従来、電話やFAXなどで依頼を受け、社内でデータ化をしていましたが、人による作業が発生し、時間がかかるだけでなく、ミスの可能性も高くなっていました。システム化により荷主企業、秋元運輸倉庫、運送会社が一つのデータを共有することとなり、スピーディにミスも少ない運用が可能となります。システム開発は株式会社イーソーコドットコム(本社・東京都港区、早﨑幸太郎社長)が担当いたしました。
秋元運輸倉庫の鈴木清取締役は「大企業であれば取扱量が大きく、システム開発の選択肢は多い。しかし、当社のように取扱量が小さいと、システム化のメリットと開発コストがなかなか相殺できない。今回、取扱量が小さくてもメリットがでるように、機能を最小限に抑えて使いやすいシステムを導入できた」と語っています。
配送手配システムはインターネットを介して荷主企業、運送会社、秋元運輸倉庫が利用でき、荷主企業が打ち込んだ情報をそのまま活用することができます。従来のように、荷主から電話やFAXなどで配送依頼を受けて、秋元運輸倉庫で運送会社に電話やFAXなどで指示をするようなことがなくなります。また、倉庫管理システム(WMS)とも連動したことで、在庫管理のスピードアップ、正確性の向上も図れました。
イーソーコドットコムの早﨑幸太郎社長は「システムで全てをまかなおうとするとコストがアップする。今回は、人が行っていた作業量をいかに減らすかというところにポイントを絞ったので、コストパフォーマンスの良いシステムを開発できた」と語っています。