サービジスティクスアジア/シスメックスが顧客満足度の更なる向上を目指し サービス・サポート部品のグローバル管理に着手|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

サービジスティクスアジア/シスメックスが顧客満足度の更なる向上を目指し サービス・サポート部品のグローバル管理に着手

シスメックスが顧客満足度の更なる向上を目指し サービス&サポート部品のグローバル管理に着手

Sysmex Deploys Global Service Parts Management System to Further Improve Customer Satisfaction
December 05, 2011

 サービジスティクスアジア株式会社(以下 サービジスティクス)は、検体検査の領域におけるグローバルトップ10に入る唯一のアジア企業であるシスメックス株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:家次恒)が、サービジスティクスの補修部品管理ソリューションを採用し、稼働を開始したことを発表します。
 シスメックスは、顧客満足度の更なる向上のため、サービス&サポートの品質改善に積極的に取り組んでいます。サービジスティクスの補修部品管理ソリューション「Servigistics Service Parts Management」はこの一環として導入されたもので、部品の在庫戦略をモデル化した上で、目標とするサービス率(充足率)を達成するために必要な補充計画を立案し、世界中の拠点における補修部品在庫の最適化を実現することを目的としています。
 グローバルな在庫状況を可視化し、本社と地域統括拠点との間で、それぞれの役割を明確化することは、同社の大きな課題となっていました。 現時点では、最初のステップとして日本に存在するグローバル中央拠点および日本の地域統括拠点でまず稼働を開始しましたが、今後、世界各国の現地法人のサービス&サポートを担う地域統括拠点、フィールド拠点およびトランク在庫への展開を実施する計画です。 グローバルな導入が完了した段階では、本社で決めた効果指標(KPI)を世界の統括拠点全体で共有し、充足率の向上や在庫月数の改善などを目指します。
 システムの導入は、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長:橋本 孝之)と株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市、社長:大水 一彌)とサービジスティクスとが3社共同で行いました。
 シスメックス カスタマーサポート本部長 矢野 誠氏は次のように述べています。 「シスメックスは、お客様により良いサービスを提供するため、補修部品の迅速かつ安定的な供給を目指しています。サービジスティクスのソリューションを活用することで、世界中のお客様へのサービス&サポート品質を向上すると共に、補修部品在庫のグローバルでの最適化を実現していきたいと考えています」
 また、サービジスティクスの社長 清水博は次のように述べています。「サービス&サポートの品質は、グローバル企業にとって特に重要な差別化要素となっています。シスメックス様の今回の取り組みは、サービス&サポート品質を向上し、優れたサービスによって企業価値を増大させるために大きく貢献すると思います。」

###

●サービジスティクス社について

投資会社 マーリン・エクイティ・パートナーズ傘下のサービジスティクス社は、サービス・ライフサイクル管理ソリューションを提供するリーディングプロバイダーです。

 補修部品管理、補修部品価格管理、サービスナレッジ管理、フィールドサービス管理、サービスコマンドセンター、サービスコンテンツ管理、サービス物流管理、ワランティ管理、などのソフトウェアを提供しています。アフターサービス分野において広範な領域をカバーし、専門性が高く、数々の受賞を誇るソリューション群により、収益性やキャッシュフローの大幅な改善、顧客満足度の向上など企業のアフターサービス業務改革の支援をしています。サービジスティクスのソリューションは、建設機械、ハイテク、航空宇宙、自動車、家電、通信、製造装置、医療機器、耐久消費財、重工業など幅広い業界の大手企業に、グローバルなサービス業務のプラットフォームとして導入されており、多くの顧客企業においてその効果が実証されています。

サービジスティクスは米国ジョージア州アトランタに本社を置く非上場企業で、アメリカ国内の他、イギリス、フランス、インドと中国、台湾、日本(東京)に地域拠点を構え、セールスおよびサービスのプロフェッショナルを擁しています。

日本法人は2004年にアジア太平洋地域を統括する拠点として設立され、グローリー、コニカミノルタビジネステクノロジーズ、コマツ、大日本スクリーン製造、東芝、東芝テック、東芝メディカルシステムズ、ニコン、日立メディコ、日立国際電気、LG電子(韓国)、ファウンダー・テクノロジー(中国)(敬称略、順不同)などを代表とするお客様のアフターサービスへの取り組みを支援しています。

【サービジスティクスアジア株式会社】

代表取締役社長:清水博
住所: 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館2階
連絡先: TEL:03-3584-5543(代表)/ Fax:03-3584-5546 

 ●マーリン・エクイティ・パートナーズ社について

米国ロスアンゼルスのマーリン・エクイティ・パートナーズ社は、カリフォルニアに本拠を置き10億ドル以上の資本を管理する民間投資会社です。同社は、産業の関連性とネットワークとによって価値を高めることの可能な複数の業種に対して投資を行っています。