ファミリーマート/4つの温度帯の販売設備を搭載した移動販売車活用し福島県で営業開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ファミリーマート/4つの温度帯の販売設備を搭載した移動販売車活用し福島県で営業開始

福島県での営業開始のお知らせ】
ファミリーマート初の4つの温度帯の販売設備を搭載した移動販売車
移動コンビニ「ファミマ号」が営業開始!

2011年10月20日

 

 

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:上田準二)は、常温、定温(16~20℃)、冷蔵(3~8℃)、冷凍(-24℃以下)の4温度帯(※)の販売設備を搭載した移動コンビニ「ファミマ号」の営業を、10月24日(月)から、福島県内で開始いたします。
なお、「ファミマ号」は、東日本大震災の被災地支援や買い物不便地域での買い物支援などを目的に、2011年9月にファミリーマート初の取り組みとして導入され、既に9月から宮城県内で営業を開始している1号車と合わせて合計で2台となります。
(※)常温(加工食品、菓子、日用品など)、定温(おむすび、寿司、弁当)、冷蔵(サラダ、スパゲティ、日配食品など)、冷凍(アイス、冷凍食品など)