NECネクサソリューションズ/ショッピングセンターサービス「SC-SaaS」販売開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

NECネクサソリューションズ/ショッピングセンターサービス「SC-SaaS」販売開始

ショッピングセンターの持たずに使う経営を支援 SaaS(クラウド)型ショッピングセンターサービス「SC-SaaS」販売開始

2011年8月24日

NECネクサソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:森川年一)は、全国で約50の導入実績を持つ「ショッピングセンターASPサービス」と、「自社導入型のショッピングセンターシステム」の構築で蓄積したノウハウを活かし、新たにSaaS(クラウド)型のショッピングセンター向けサービス「SC-SaaS(エスシー・サース)」を開発、このほど販売を開始します。
本サービスの提供開始は2011年11月の予定です。

新ショッピングセンターサービス「SC-SaaS」は、必要なサービスを月額料金にて利用できるもので、アプリケーションサーバ、DBサーバ、クレジットサーバをお客様が所有する必要がなく、運用の負荷を軽減します。

「SC-SaaS」はショッピングセンター運営管理業務に必要なテナント(出店店舗)の賃料精算管理・各種売上明細管理・売上分析・顧客管理等の機能を備えています。
売上分析機能では必要なデータを当社データセンターよりダウンロードすることでテナントリーシング業務に必要な業務帳票の作成を簡略化することができます。
また、共同利用端末(INFOX端末)と専用決済端末(当社カードターミナル)の二つの端末を選択でき、お客様のニーズにあった決済サービスや店舗の特性に応じたサービスを利用することが可能です。

当社の試算によれば、従来の自社導入型のショッピングセンターシステムと比べ、サービスを利用する場合、5年間の運用で約10%の費用低減ができます。
全国のショッピングセンターでは、厳しい経済環境および他の商業施設との競合の中、来場者の増加や楽しい買物の機会の提供など、様々な改革が必要とされています。
運用・管理の手間を減らすことで訪れるお客様の満足度を高める為の施策の向上、またサーバ管理者の本業集中を図ることができます。

同サービスは、24時間365日の監視体制を敷いた当社データセンターで運用します。
免震対策、セキュリティ対策に優れ、万一の場合も迅速な事業復旧や、事業継続が可能です。

このように、ショッピングセンター様の持たずに使う経営をサポートするとともに、事業継続の観点からも有用な仕組みとしてお客様を支援するサービスです。

「SC-SaaS」の主な機能は以下のとおりです。

主な機能

1.標準メニュー

1.基本
テナントの売上金管理、分析、賃料計算、精算業務
2.クレジット集計
クレジット売上明細管理
3.電子マネー集計
電子マネー売上明細管理
4.顧客管理
磁気カードによるポイントサービス、ポイント加減算、分析業務・DM発行、サービスカウンタ機能(有人・無人)
5.ヘルプデスク
 

2.二つの決済端末サービスを採用

共同利用端末(INFOX端末)と専用決済端末(当社カードターミナル)の二つに対応しています。

3.各種決済サービスに対応

各種の電子マネーやクレジットなどの決済サービスに対応。
お客様の決済手段の幅が広がります。

4.周辺機器とのインターフェースを標準オプション装備

入金機や分析システムなどショッピングセンターでの運営に多くの企業でご採用されている周辺機器のインターフェースを標準オプション装備しています。

提供価格

50テナントを管理するショッピングセンターで基本機能・クレジット集計機能・顧客管理を利用する場合の利用料金は月額30万円~。

販売目標

SC-SaaSはNECグループ全体の販売活動を通じ、今後3年間で30施設への導入を見込んでおります。

関連情報



私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。