マースエンジニアリング/東研を株式交換により完全子会社化|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

マースエンジニアリング/東研を株式交換により完全子会社化

株式会社マースエンジニアリングによる株式会社東研の
株式交換による完全子会社化に関するお知らせ


 株式会社マースエンジニアリング(以下、「マースエンジニアリング」といいます。)と株式会社東研(以下、「東研」といいます。)は、本日開催のそれぞれの取締役会において、平成23年9月1日を効力発生日として、マースエンジニアリングを完全親会社、東研を完全子会社とする株式交換(以下、「本株式交換」といいます。)を行うことを決議し、両社の間で株式交換契約を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

 なお、マースエンジニアリングは、会社法第796条第3項に基づき、株主総会の承認を必要としない簡易株式交換の手続きにより、本株式交換を行う予定です。本株式交換の効力発生日(平成23年9月1日予定)に先立ち、東研の普通株式は株式会社大阪証券取引所JASDAQ市場(以下、「JASDAQ」といいます。)において、平成23年8月29日付けで上場廃止(最終売買は平成23年8月28日)となる予定です。


1.本株式交換の目的
 マースエンジニアリングは、アミューズメント業界向けの経営効率の改善を支援するシステムの開発・販売を主たる事業として展開しております。マースエンジニアリングは開発・製造・販売・アフターサービスに至るまで一貫体制で行ない、「開発型企業グループ」として顧客ニーズに迅速かつ柔軟に応えることにより今日のアミューズメント業界における事業基盤を築いてまいりました。しかしながら、パチンコホール数の減少傾向、個人消費の低迷、人口減少等、長期的には厳しい状況が続くものと思われます。かかる状況を踏まえ、主要販売先であるアミューズメント業界以外への事業領域の拡大を図るため、マースエンジニアリングが長年培ってきた技術や実績を基に、子会社である株式会社マーステクノサイエンス(以下「MTS」といいます。)はRFIDをキーワードとする新規事業を模索してまいりました。
 他方、東研は、バーコードリーダー及び2次元コードリーダー(イメージャー)、関連品(バーコードプリンタ、サプライ品)や産業用X線検査装置等、企業経営の効率化・合理化を図るための自動認識システムを開発・製造・販売しており、販売力・技術力の強化及び人件費をはじめとする諸経費の圧縮に努めるとともに、自己資本の充実や財務の健全性の強化を図るため、かねてより資本・業務提携先を模索しておりました。
 このような状況の中、マースエンジニアリング及びMTSのRFIDと東研の主力製品である2次元コードリーダーが、自動認識分野において補完的な位置づけにあり、事業拡張や企業力の強化に向けて、様々なシナジー効果が期待できると判断し、平成21年12月4日に業務及び資本提携契約を締結し、同時にマースエンジニアリングが東研の第三者割当増資を引き受けました。その後、商材の拡大や販売チャネルの相互活用による販売力の強化のため、両社間の得意分野を生かし、製品の共同開発を進めるとともに展示会へ共同出展する等、シナジー効果を追求して参りました。
 しかしながら、市場及び経済環境が急速に変化する中、意思決定に時間を要する現体制では、技術開発の交流や両社の市場開拓が思うように進まず、効率的な経営資源の投下ができない状況にありました。
 こうした状況を踏まえ、両社協議の結果、両社それぞれが保有する経営資源を双方が一層緊密かつ有効に活用するため、事業体制を再構築していく必要があるとの認識に至り、この度、本株式交換を実施することと致しました。
 マースエンジニアリングは本株式交換により東研を完全子会社とすることにより、効率的、かつ、迅速な意思決定に基づくグループ経営を実現することが可能となり、その結果、東研の持つ経営資源を最大限活用し、事業領域拡大による更なるビジネスチャンスを獲得できるものと考えております。また、コスト削減による財務体質の改善、人材交流や再配置による人員の最適化、工場の統廃合による生産体制の合理化などを通し、グループ全体としての経営基盤と収益力の強化も図れるものと考えております。
 他方、東研は本株式交換によりマースエンジニアリングの完全子会社となり、マースエンジニアリンググループの持つ経営資源を有効に活用することにより、内部管理体制のより一層の強化に努めるとともに、自動認識分野における商材及びアプリケーションソフトの拡充、商圏及び販路の拡大並びに技術力の強化が実現できるものと考えております。
 以上のようなことから、マースエンジニアリングと東研は平成23年7月4日開催のそれぞれの取締役会において、本株式交換の実施を決定し、株式交換契約を締結致しました。

(略)