イヌイ倉庫/売上高は86億3600万円(平成23年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

イヌイ倉庫/売上高は86億3600万円(平成23年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結))

平成23年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

単位・百万円

        売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
23年3月期 8,636 ―  699 ―  503 ―  △61 ―
22年3月期 2,813 ―  105 ―  13 ―   △22 ―

(略)

 

(1) 経営成績に関する分析
当連結会計年度における当社グループを取り巻く事業環境は、依然として残るデフレの影響等により本格的な回復にはいたらず、物流業界では、年度後半から貨物取扱量が減少に転じ、低調な水準での推移となりました。また、不動産業界では、賃料相場が緩やかな下落傾向を続けるなど、依然として厳しい状況で推移いたしました。
このような状況下、当連結会計年度の営業収益は8,636百万円、営業利益は699百万円、経常利益は503百万円となりました。また、当期純損益は、投資有価証券評価損及び資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額等を計上したことにより61百万円の損失となりました。


当社グループの事業セグメント別の業績は次のとおりであります。
① 物流事業
物流事業におきましては、各社の物流コスト抑制及び事業者間の価格競争等といった減収要因があるなか、神戸みなと倉庫の一部稼働や文書保管箱数の増加もあり、その結果、営業収益は3,090百万円となりました。セグメント損益は神戸みなと倉庫の減価償却費等の影響もあり465百万円の損失となりました。


② 不動産事業
不動産事業におきましては、賃貸市況が依然として低迷を続けるなか、既存施設の稼働率向上に努めてまいりました。その結果、営業収益は4,172百万円、セグメント利益は1,929百万円となりました。


③ システム開発関連事業
営業収益は1,122百万円、セグメント利益は61百万円となりました。

④ その他
営業収益は251百万円、セグメント損益は2百万円の損失となりました。
なお、前連結会計年度は決算期変更により4ヶ月決算となっているため、前連結会計年度との比較は行っておりません。


次期の見通し
当社グループでは、引き続き、業務効率化及び品質向上に努めるとともに、物流事業セグメントでは、顧客獲得及び賃貸物流施設「神戸みなと倉庫」の稼働率向上に注力してまいります。
また、不動産事業セグメントでは、顧客利便性の更なる向上及び既存施設の稼働率向上に努めてまいります。
これらの結果、次期の業績予想につきましては、営業収益9,213百万円、営業利益767百万円、経常利益590百万円、当期純利益269百万円を見込んでおります。

(略)