生化学工業/高萩工場に第5製剤棟を新設へ、製造管理システムや搬送管理システムを導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

生化学工業/高萩工場に第5製剤棟を新設へ、製造管理システムや搬送管理システムを導入

アルツディスポの製剤設備増強に関するお知らせ
(高萩工場第5製剤棟の新設)



 生化学工業株式会社(本社:東京都千代田区、以下、生化学工業)は、関節機能改善剤アルツディスポの生産量増加に対応するために、高萩工場において第5製剤棟を新設する計画に着手しましたので、下記のとおりお知らせします。





1.製造設備の概要
 (1)所在地:茨城県高萩市大字赤浜字松久保258-5
 (2)構造・階数:鉄骨造、免震構造5階建て
 (3)建築面積:約3,900m2
 (4)延床面積:約16,300m2
 (5)着工予定:2012年3月
 (6)竣工予定:2013年7月
 (7)操業開始予定:2015年1月
 (8)設備投資額:約98億円


2.目的
 生化学工業は、高萩工場においてアルツディスポの製剤化を行っています。ヒアルロン酸を主成分とする関節機能改善剤の国内市場は、高齢者人口の増加に加え、販売提携先の科研製薬株式会社とともに変形性膝関節症の疾患啓発活動を推進していることもあり、順調に拡大しています。
 第5製剤棟の新設は、今後予想されるアルツディスポの需要増加に対応するために、生産能力の増強を目的としたものです。リスク管理の一環として地震発生時に揺れを長周期化して、被害の軽減を図ることが出来る最新の免震構造を導入する計画です。また、GMP(*)に準拠することはもとより、IT技術を駆使した製造管理システムや搬送管理システムを導入し、製造業務の厳格化と効率化を進めます。

 *GMP:医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準



以上