ニッタ/国際物流対応の広帯域小型金属対応IC タグの新発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ニッタ/国際物流対応の広帯域小型金属対応IC タグの新発売

国際物流対応の広帯域小型金属対応IC タグの新発売について


ニッタ株式会社(大阪市浪速区、代表取締役社長國枝信孝)は、コンテナや金属製品の管理に最適なUHF 帯RFID 用小型IC タグ「ニッタMT シリーズ」を製造販売しております。 この度、国内及び海外で使用されている周波数帯(902MHz~958MHz)をカバーし、国際物流で利用できる金属対応IC タグMT-SH2タイプを開発し、5 月よりサンプル出荷を開始いたします。

市場のグローバル化により、多くの企業で複数の国にまたがる物流や在庫管理が行われています。そこでの効率化や安全性の確保のためにIC タグの導入が進められており、コンテナや金属製品に使用できる広域帯周波数特性に優れた小型金属対応タグのニーズが増加しています。しかし、従来の金属対応IC タグでは広域帯対応と小型化の両立が難しいため、各国の割り当て周波数(日本は950MHz 帯)専用に設計されており、複数の国にまたがっての使用はできませんでした。
新開発の金属対応IC タグMT-SH2タイプは、広域帯対応と小型化を実現しておりますので、国際物流でのIC タグ導入計画がスムーズに推進できます。
また、新製品MT-SH2タイプは、従来の当社製金属対応ICタグと同様に独自設計のアンテナを採用することにより、小型かつ薄型でありながら金属表面に貼付しても、約5メートルの通信距離を実現しております。

○広帯域小型金属対応ICタグMT-SH2タイプの特長と仕様
特 長: ・広帯域周波数特性に優れ、902MHz~958MHz帯で通信可能
・薄形で、高い耐候性と耐衝撃性を実現
仕 様: ポリカーボネート成型ケース
サイズ: 幅×長さ×厚み(㎜) 約32×119×6 (順次追加の予定)
また、ニッタ株式会社は今回開発した広帯域小型金属対応ICタグを含む『ニッタMTシリーズ』製品を、『第6回 RFIDソリューションEXPO(RIDEX)』(2011年5月11日~13日、東京ビッグサイト)へ出展致します。