SGシステム/物流業界向けクラウドサービス(SaaS型サービス提供)を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

SGシステム/物流業界向けクラウドサービス(SaaS型サービス提供)を開始

【SGシステム】物流業界向けクラウドサービス(SaaS型サービス提供)を開始!
ITの所有から利用へ(2011/02/21)

SGシステム株式会社は、国内の物流企業が利活用可能な物流業界向けのSaaS※1型サービス提供を2011年6月より開始いたします。

SGシステムは、これまで佐川急便株式会社を始めとするSGホールディングスグループの事業会社の物流・倉庫に関わるITを構築してきており、プライベートクラウド構築ノウハウ、スキャニングやコールセンターの事業運営ノウハウといった多様なノウハウに基づくサービスを、グループ内外へ提供しています。
こうした蓄積を基軸にして、SGシステムは、「ITの所有から利用へ」の合言葉のもと、国内外の物流企業に対して、SGシステムが蓄えてきた技術とノウハウを「クラウド・サービス、SaaSサービス」の形で提供すべく準備を進めてまいりました。これを2011年6月から新サービスとして展開いたします。

国内の物流企業がこのクラウド型・SaaS型の新サービスを利用することで、個々の企業のITに関わる費用や業務が合理化され、事業の拡大を図れるようになることを目的としています。

【ポイント】

  • SGシステムの新データセンター(2011年4月新設)を中心にサービスを開始(外部のIaaS※2サービスとの連携・活用も視野)
  • 受発注業務・倉庫業務・輸配送業務を網羅したサービス提供を目指す
    提供機能(予定);
    [受発注業務]
    • 注文データ取り込み
    • 出荷指示
    • 在庫確認
    • 配送状況確認
    • 受注サイト決済
    • 受注サイト
    [倉庫業務]
    • 入荷検品⁄確定
    • 棚卸し
    • ピッキング⁄出荷検品
    • 倉庫内作業進捗管理
    • 物流KPI
    • 適正在庫
    [輸配送業務]
    • 車両管理
    • 送り状作成
    • 貨物追跡
    • 請求支払管理
    • 運行管理
  • アプリケーションシステム部分は、協力企業を募りラインナップを随時強化していく予定
  • 利用企業は、アプリケーションシステムや機能を必要単位でカフェテリア方式にて選択可能
  • 初期には受発注業務と、車両管理(輸配送業務の一部)を提供開始予定
  • SaaS型のため、登録後即日の利用も可能(ハードウエア・ソフトウエアの初期投資が不要)
  • 将来的に、物流企業(運輸業・倉庫業)のみならず、物流コストを合理化したい企業へのサービス提供を目指す

【今後の予定】

  • グループ内プライベートクラウドのプラットホーム(名称:SGHプラットホーム)をSGシステムと協働で構築してきたフューチャーアーキテクト株式会社と構築開始
  • アプリケーションシステム部分については、協力企業を募り、ラインナップ強化を継続的に推進
  • ※1 SaaS...(Software as a Service)ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと。
  • ※2 IaaS...(Infrastructure as a Service)情報システムの稼動に必要な機材や回線などの基盤(インフラ)を、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたもの。
【SGシステム株式会社 企業概要】
本社  :  京都市南区上鳥羽角田町25番地
代表取締役社長  :  安延 申
設立  :  1983年2月
資本金  :  3億5千万円
株主  :  SGホールディングス株式会社(100%)
主な事業内容  : 
  • 情報システムに関する企画、設計、開発、保守、運用業務
  • 情報処理機器、事務用機械および工業用機械類の製造、仕入れおよび販売ならびにこれらに付帯する関連製品・消耗品の販売
  • 情報処理に関する技術を用いた各種アウトソーシング業務の受託
各種許認可  :  電気通信事業届出、ISO9001認証取得、ISO27001認証取得、プライバシーマーク認定
従業員数  :  1,102名(2011年1月現在)