NTTデータグループ/グローバルレベルでのSAPビジネス推進にむけたグループ会社連携体制を構築|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

NTTデータグループ/グローバルレベルでのSAPビジネス推進にむけたグループ会社連携体制を構築

グローバルレベルでのSAPビジネス推進にむけた
グループ会社連携体制を構築


 NTTデータグループは、グローバル規模でのSAPビジネスを推進するため、国内外のNTTデータグループ会社の持つSAP事業のリソースを最大限に活用し、お客様にワンストップでグローバルベストプラクティスを提供するためのグループ内の連携体制「SAP Global One Team」を2011年2月8日に発足させました。
 「SAP Global One Team」は、SAPテンプレートの共有、ツール類の共有、グローバルロールアウト・ロールイン(注1)の展開、SAPコンサルタントの連携、365日/24時間対応可能なデータセンターの運用、高品質なプロジェクトマネージャーの提供を目的とした、国内外のSAP関連グループ会社によるグループ横断組織です。グループ会社でこれまで培ってきたあらゆる業界、大企業から中堅、中小企業まで幅広い規模のお客様に対して、SAP製品やSAPサービスの導入から開発、運用までのワンストップのサポートを行うことが可能となります。


【背景】
 製造業・流通業・金融業をはじめとしたグローバル企業のお客さまにとって、販売・生産・サービス拠点のグローバル化による海外現地法人の設立やM&Aによる事業の連結対象が増加していく中で、世界の競合他社とのグローバル競争を勝ち抜く手段として情報システムの統一、オペレーションの標準化の必要性が高まっています。その一方で、世界的な経済不況のなかで、情報システムに対する投資を抑制せざるを得ない状況にあります。
 NTTデータグループでは、グローバル規模でのSAPサポート提供能力向上のため、SAP事業のカバレッジを拡げ、リソースの強化を図ってきました。今回、NTTデータグループは、お客様が抱える課題に対し、NTTデータグループが持つSAPリソースを活かしたベストプラクティスを提供することを目的に、各グループ会社がグローバルレベルで連携し、それぞれの強みやロケーションを最大限活用したサービスをワンストップで提供するための環境として、グローバルグループ会社間連携体制を整備しました。


【SAP Global One Teamの構成】
 「SAP Global One Team」はNTTデータを含む国内外のNTTデータグループ11社、全29カ国、約5000人のSAPコンサルタントから構成されます。(2011年2月現在)

<海外グループ会社:6社>(アルファベット順)
 Business Formula (M) Sdn Bhd(ビジネスフォーミュラ:本社 マレーシア クアラルンプール)
 Extend Technologies Group Holdings Pty Ltd(エクステンド テクノロジーズ:本社 オーストラリア ブリスベン)
 Intelligroup, Inc(インテリグループ:本社 米国 ニュージャージー州)
 itelligence AG(アイテリジェンス:本社 ドイツ ビーレフェルト)
 Keane International, Inc(キーン:本社 米国 マサチューセッツ州)
 NTT DATA Asia Pacific Pte. Ltd(NTTデータAPAC:本社 シンガポール)

<国内グループ会社:5社>(アルファベット順)
 株式会社JSOL
 株式会社NTTデータ
 株式会社NTTデータソルフィス
 株式会社NTTデータウェーブ
 株式会社 クニエ


【連携内容と効果】
 SAP Global One Teamは、関連要員による各種情報の共有を行い、グローバルレベルでタスクフォースを立ち上げ、お客様への新たな付加価値の提供を継続します。

<ソリューション連携>
 ・国内外のグループ会社が持つSAPアップグレードツール、SAPテストツールなどのツール共有と、全世界のお客様へのツール提供。タスクフォースによる、新たなSAPツールの開発。
 ・国内外のグローバル企業向けに行ってきたロールアウト、ロールインのグローバルメソドロジー注1をベストプラクティスとして全世界のお客様へ提供。タスクフォースによる、新たなメソドロジーの開発。

<業務ノウハウ>
 ・国内外のグローバル企業向けシステム構築で培った業務知識のSAPテンプレートへの集約と、全世界のお客様への提供。業務ノウハウの情報共有と、タスクフォースによる新たなテンプレートの開発。
 ・SAPコンサルタントによる国の商習慣、税法などへのローカライズ対応。

<要員連携>
 ・国内外の関連要員の連携による時差開発を実施。SAPの開発・テストにかかわる納期の短縮。
 ・お客様ごとの保守運用を各拠点連携して対応。365日・24時間対応可能なシステム運用により現地法人の営業開始時間・営業終了時間を意識しない"眠らないデータセンター"を提供。SAPの認定を受けた要員による安定運用と、トータルコストの削減を実現。

<プロジェクトマネジメント>
 ・国内外の経験で得たプロジェクトマネージャーのタスクやロールを標準化し、全世界で情報共有。標準化されたプロジェクトマネジメント方法論を展開し、SAP Global One Teamとして高品質なプロジェクトマネジメントスキルを確保。

<研究開発>
 ・SAPとの協業による将来のSAP新技術(In MemoryやMobilityなど)の開発あるいは習得と、お客様への先端技術の提供。


【今後について】
 上記のSAP Global One Teamによるサービスの提供は、NTTデータグループの拠点がある国・地域のみならず、南米やアフリカ等グループ拠点の展開が無い国・地域へも、サービス拡大を図ります。


注1 ロールアウト、ロールインのグローバルメソトロジーとは、世界各地にグループ会社をもつグローバル企業が、グループ全体でテンプレートを各地域の現地法人に展開する手順のことです。海外の現地法人に展開することをロールアウト。また、その逆に各地域会社がテンプレートを受け入れることをロールインと呼びます。

・ SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標です。
・ その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。