ファミリーマート/エーエム・ピーエム・関西の譲受けの基本合意書を締結|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ファミリーマート/エーエム・ピーエム・関西の譲受けの基本合意書を締結

株式会社エーエム・ピーエム・関西の譲受けの基本合意書締結について


 株式会社ファミリーマート(以下、当社)は、平成23年1月7日開催の取締役会において、カッパ・クリエイト株式会社(以下、カッパ・クリエイト)との間で、カッパ・クリエイトの連結子会社である株式会社エーエム・ピーエム・関西(以下、am/pm関西)の譲受けについて、基本合意書を締結することを決議し、本日締結いたしましたのでお知らせいたします。





1.基本合意の目的及び内容

 当社は、平成22年3月1日に、株式会社エーエム・ピーエム・ジャパンを合併し、現在ファミリーマートへのブランド転換を進めております。また、同7月9日にはJR九州リテール株式会社と「共同エリア・フランチャイズ契約」を締結し、九州地区におけるam/pm店舗についてもブランド転換を進めております。関西圏のam/pm店舗についてもカッパ・クリエイトと検討を重ねてきた結果、本日am/pm関西の譲受けについて基本合意書を締結いたしました。

 本件を受け、今後関西圏におきましてもam/pm加盟者の合意を頂きながら、ファミリーマートへのブランド転換を進めてまいります。これにより、全国のam/pm店舗をファミリーマートへ転換することとなります。

 本件の推進により、関西圏を中心とする当社の店舗基盤を強化できることは勿論のこと、商品や原材料の仕入れ、物流の統合、さらにはシステム基盤などの間接部門の共有化による経営インフラの効率化を図ることもできるようになります。

 そのため本件は、当社既存加盟者にとってプラスに働くのみならず、現am/pm加盟者も、当社が有する全国47都道府県のネットワークや知名度、IT設備、商品開発力等、ファミリーマートパッケージが活用できるようになることで、さらなる競争力の強化に繋がると考えております。