キヤノンソフト/SOAソリューション事業を強化|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

キヤノンソフト/SOAソリューション事業を強化

キヤノンソフトがSOAソリューション事業を強化
大手企業向け基幹システム再構築基盤「SOAフレームワーク」を提供
キヤノンMJ ITグループのキヤノンソフトウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:実松 利幸、以下キヤノンソフト)は、SOAソリューション事業を強化するため、経営環境の変化に柔軟に対応し、経営効率の向上とコスト削減を両立する、基幹システムの構築基盤システム「SOAフレームワーク」を11月29日に提供を開始します。
現在、企業は競争力強化のためにIT基盤を有効に活用することが求められています。また、グループ企業の再編やグローバル化への対応といった経営環境の変化に迅速に対応するため、従来のIT資産を活用しながら全体最適を実現できるIT基盤を構築することが要求されています。

キヤノンソフトはこのほど、SOAソリューション事業で培ってきた長年の経験と技術力をベースに、企業の基幹システムを構築するための基盤システム「SOA*1フレームワーク」の提供を開始します。「SOAフレームワーク」は、キヤノンマーケティングジャパン(以下キヤノンMJ)グループの基幹システムを構築するためにキヤノンMJが開発したアプリケーションフレームワークがベースとなっており、この基盤にキヤノンソフトのマルチベンダー対応のSOA技術と最新のWebサービス手法を組み入れました。

業界標準技術であるWebサービス技術による業務ロジック呼出を基本構造とし、RIA*2対応により画面の操作性と表現力を強化したJ2EE準拠のフレームワークです。顧客は、分散疎結合アーキテクチャーの設計から、フレームワークによる基幹業務システムの開発、連携基盤の構築、運用支援まで一貫したサービスを活用することが可能で、SOAシステム開発における技術やノウハウ習熟の困難といった課題を解決することができます。

キヤノンMJは、「SOAフレームワーク」のベースとなるフレームワークを使って基幹システムを構築し2008年からグループ全体で運用をスタートさせ、現在グループ社員約2万人が利用しています。この基幹システムでは、分散していたシステムを効率的に統合し、業務プロセスの統一化やデータの集中管理でグループ連結経営体制を強化しました。また、顧客情報を有効に活用できるシステムを構築したことで顧客の要望に的確に対応しました。

キヤノンソフトは、こうした「SOAフレームワーク」の開発・運用の経験と、大手企業向けのSOAソリューションサービスでこれまで蓄積してきたノウハウをいかし、顧客のニーズに合わせたSOA基幹システムの構築支援サービスを提供していきます。SOAソリューションの提供を通じ、大手企業を中心に2012年度に売上30億円を目指します。
【SOAフレームワークの特長】
Webサービス技術による基幹業務ロジックの再利用で、変化に柔軟なシステム構成・連携が可能
  伝票入力、チェック業務など基幹業務の担当者運用ニーズに応える高いレスポンス性能
  RIA対応による画面の操作性、表現力の強化
  分散環境におけるアプリケーション障害管理機能等の運用管理機能内包
●報道関係者のお問い合わせ先 :キヤノンソフトウェア株式会社 広報課 03-3455-9942
●製品の詳細についてのお問い合わせ先 :キヤノンソフトウェア株式会社 ソリューション営業本部 03-3455-9851
●SOAソリューションホームページ http://www.canon-soft.co.jp/product/soa/  
【SOAフレームワーク概要図】
図
*1: SOA(Service Oriented Architecture : サービス指向アーキテクチャー)は、システム構築において、それぞれ独立した機能をもつ「サービス」という単位を組み合わせてシステムを作り上げる考え方。
*2: RIA(Rich Internet Application)ユーザーインターフェースにFlashやAjax等を用いて、単純なHTMLで記述されたぺージよりも操作性や表現力に優れたWebアプリケーション。