パナソニック電工/省エネ総合サービス『ECO-SAS(エコサス)』計測データによる「見える化」サービスを開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

パナソニック電工/省エネ総合サービス『ECO-SAS(エコサス)』計測データによる「見える化」サービスを開始

2010年11月4日
省エネ総合サービス『ECO-SAS(エコサス)』
計測データによる「見える化」サービス開始

 パナソニック電工株式会社は、省エネ総合サービス『ECO-SAS(エコサス)』の新サービスとして、計測データによる「見える化」サービス(サービス利用料無料)を2010年12月21日から提供開始します。

 『ECO-SAS(エコサス)』では現在、エネルギー使用量の伝票データをもとに手入力することにより、エネルギー総量管理ができるサービスを利用料無料で提供しています。次ステップとして計測データの「見える化」機能の強化を進めており、今後、新機能を順次追加する予定です。その第一弾として、計測データによる「見える化」サービス(利用料無料)を2010年12月21日より開始します。
 このサービスは、多回路エネルギーモニタなどの計測器から取り出した、SDカードの計測データ(CSV 形式(※1) )をお手持ちのパソコンから『ECO-SAS(エコサス)』にデータを送信する(これをアップロードと呼びます)ことで、各種データのグラフ化機能を利用することができるサービスです。

 『ECO-SAS(エコサス)』は、最新の省エネ情報やエネルギー管理のためのツールなどを公開したASP(※2)方式の非住宅分野「省エネ」総合サービスです。省エネ法に対応したエネルギー総量管理サービスや簡易省エネ診断サービスを2010年1月15日よりWEBサイトで提供し、各企業のCO2削減に向けた活動を支援しています(2010年1月14日既報)。

(※1)CSV形式 : (Comma Separated Values) データをカンマで区切って並べたファイル形式。ファイルの拡張子は「.csv」。
(※2)ASP : (Application Service Provider) 当社が運用するサーバの機能をインターネット環境でご利用いただくサービス。
お客様のサーバー導入や管理は不要で、有料サービスについては、月々のサービス利用料をお支払いいただくことで、利用可能。
サービス名 『ECO-SAS(エコサス)』 計測データによる「見える化」サービス
サービス利用料 無料(URL: http://www.eco-sas.jp/
サービス提供開始日 2010年12月21日
必要な計測器 多回路エネルギーモニタなどの計測器
(導入費有料/計測器導入済みの場合は、不要)

 

■主な特長

(1)エネルギー計測器の計測データをサーバーにアップロード可能
(2)多彩なグラフ表示により、省エネのヒントを発見可能
(3)総量管理サービスとリンクし、施設ごとのより細かなエネルギー管理が可能

■特長

(1)エネルギー計測器の計測データをサーバーにアップロード可能
多回路エネルギーモニタなどの計測器から取り出した、SDカードの計測データ(CSV形式)をサーバーにアップロードできます。

(2)多彩なグラフ表示により、省エネのヒントを発見可能
施設ごとに、各計測ポイントの時間データでエネルギー管理が可能となり、「時間単位・エリア単位」など細かく分析できるため、エネルギー削減余地の検討が可能となります。

(3)総量管理サービスとリンクし、施設ごとのより細かなエネルギー管理が可能
エネルギー使用量の伝票データなどから入力したエネルギー総量だけでなく、アップロードした計測データのエネルギー量も施設総量などの値としてグラフ化できます。

1011-4a.jpg