OKIデータ/プリンタ消耗品の模倣品対策に真贋判定・トレーサビリティシステムを導入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

OKIデータ/プリンタ消耗品の模倣品対策に真贋判定・トレーサビリティシステムを導入

プリンタ消耗品の模倣品対策に真贋判定・トレーサビリティシステムを導入

世界初、PCASコードとリップマンホログラムによる簡単で高度な真贋判定を実現

 

 

z10072.jpg

OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:杉本晴重、本社:東京都港区)は、インクリボンやトナーなど消耗品の模倣品対策とトレーサビリティ強化のため、最新技術を採用し高度な真贋判定とトレーサビリティを実現した「ブランドプロテクションシステム」を導入します。2010年11月からアジア地域より導入をはじめ、順次全世界へ展開していく計画です。

今回OKIが導入するシステムは、国際的な第三者試験認証機関テュフ ラインランド ジャパン(社長:ミヒャエル・ユングニッチュ、本社:神奈川県横浜市、以下 テュフ)の製品管理認証システムPCAS(注1)と、大日本印刷株式会社(社長:北島義俊、本社:東京都新宿区、以下 DNP)のリップマン型ホログラム(注2)転写技術を組み合せた、世界初のシステムです。

消耗品の箱を、リップマン型ホログラムと、偽造防止番号として暗号化された13桁のIDコードであるPCAS番号を印刷したラベルで封緘します。偽造の困難なリップマン型ホログラムにより、目で見てすぐに真贋判定ができます。また、PCAS番号をOKIデータのホームページ上の真贋判定サービスに入力することで、商品固有の正式番号か、不正にコピー・捏造された番号かを瞬時に判別できます。

本システムでは、真贋判定ツールを各地で設備導入する必要がなく、また封緘シールと偽造防止機能をラベル1枚で兼ねているため、早期のシステム導入が可能です。また、真贋判定サービスに入力されたコードと場所により、模倣品だけでなく正規消耗品のトレーサビリティも実現しています。トレーサビリティにより模倣品だけでなく正規消耗品の流通経路も明確になり、お客様の使用状況の把握、使用済カートリッジの回収率向上によるリサイクルの促進が見込まれます。

用語解説

  • 注1:製品管理認証システムPCAS

    ランダムに生成される一意の13 桁の英数字コードをコアに、製品の検証、サプライチェーンにおけるトレーサビリティなど、様々な機能があるオンラインシステムです。レポート発行などにより、製品のセキュリティ管理強化をサポートいたします。

  • 注2:リップマン型ホログラム

    フィルム上に特殊なポリマー層を塗布し、そのポリマー層内に屈折率の変化による干渉縞を形成します。その干渉縞に光を入射すると回折現象によるホログラム像が再生します。上下左右の立体感や奥行き感の表現に優れ、より本物の物体に近い立体感が得られます。使用する材料や製造プロセスが特殊なことから、偽造することが極めて困難なホログラムです。また、リアルな奥行きや上下左右の立体感を演出するデザインを表現できるため、意匠性も含めたセキュリティ性能については世界的な評価を獲得しています。

  • 沖電気工業株式会社、株式会社沖データは、通称をそれぞれ「OKI」「OKIデータ」とします。
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。