ウェルキャット/ワイヤレスハンディターミナル XITシリーズ最新モデル「XIT-200-G」を発表|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ウェルキャット/ワイヤレスハンディターミナル XITシリーズ最新モデル「XIT-200-G」を発表

ワイヤレスハンディターミナル XITシリーズ最新モデル「XIT-200-G」を発表

バーコード・RFID関連機器メーカーの株式会社ウェルキャット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:福間武)は、物流業務改善に欠かせないツールであるワイヤレスハンディターミナル「XIT-200-G」を2011年1月リリース予定と発表、2010年9月15日(水)?17日(金) 東京ビッグサイト 東1ホールで開催される「第12回自動認識総合展」に出品をする。

「XIT-200-G」は、従来機種との互換性を維持しつつ、新たに機能を改善/充実。バーコード読取性能の向上、視認性に優れたカラー液晶の搭載、バックライト輝度の自動調整を行い省電力化を実現する照度センサの搭載、衝撃吸収性能に優れた素材を採用したボディ構造による耐落下性能の向上など基本性能の徹底強化と利便性の向上を図っている。
他にも医療業界をはじめ、様々な業界において広く普及が見込まれる「GS1 DataBar」の読取も可能で、環境に配慮した「RoHS指令」にも対応している。
見込まれる導入先・用途として、物流業における入出荷検品、ピッキングや棚卸。また製造業における工程進捗管理、資材管理や実績収集。そして医療分野をはじめとした安全・安心を支援する消費期限管理、トレーサビリティなどが挙げられる。

ニュースリリース/イベント情報

ウェルキャットでは、これまでも市場で高い評価を得ている既存製品で汎用性の高いXITシリーズのラインナップを強化することにより、既存顧客のリプレイスと新規顧客の開拓を進める。
なお「XIT-200-G」の販売計画として、2011年に10,000台を予定している。