富士通/物流業界向け運行支援システムをクラウドサービスで販売開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

富士通/物流業界向け運行支援システムをクラウドサービスで販売開始

物流業界向け運行支援システムをクラウドサービスで販売開始

無線通信とSaaSの連携で、車両運行情報をリアルタイムに収集・分析

当社は、物流業界向けに、無線通信機能付デジタルタコグラフ(注1)(以下 デジタコ)でリアルタイムに収集した車両の運行情報やドライバーの作業情報を、クラウドサービスで管理・分析するソリューション「TRIAS/TR-SaaS(トライアス ティーアール サース)」を、本日より販売開始します。

本ソリューションは、無線通信機能付デジタコと、インターネット経由で活用するSaaS型運行支援システムを連携させたものです。お客様は自社で運行管理システムを構築することなく、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで、車両に搭載したデジタコの運行情報分析が行えます。これにより、車両の車速や時間・エンジン回転数などの情報と運転評価表を元にドライバーへの運転指導などが行え、ドライバーの安全運転を徹底するとともに、運行経路の効率化、燃費向上による環境貢献、さらには運転日報の自動出力によるドライバーの作業負荷軽減を実現できます。

本ソリューションで活用する無線通信機能付デジタコ「DTS-C1」は、株式会社トランストロン(本社:神奈川県新横浜、代表取締役社長:宇高 義友)が開発し、情報を管理・分析するSaaSは、株式会社富士通九州システムズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:川田 敏郎)が開発しました。

物流業界では、安全運行と効率的な運転により環境負荷軽減とコスト削減を実現するデジタコおよび運行支援システムの導入が進んでいます。しかしながら、デジタコから収集した情報を分析するためにはサーバやソフトウェア、パソコンなどのICTシステムが必要で、その導入コストや運用コストが課題となっています。

当社は、このような課題に対して、無線通信機能付デジタコとSaaS型の運行支援システムを連携させ、低価格で、短期間に導入できるSaaS型運行支援ソリューション「TRIAS/TR-SaaS」の提供を開始します。

なお、当社グループではデジタコを含む車載ステーション国内16万台の販売実績をもとに、現在、グローバルで提供を開始している物流業界向けビジネスを積極的に拡大してまいります。

本ソリューションの特長

  1. SaaS型での利用により、低価格で、短期間にシステム導入が可能

    運行分析用のICTシステムに必要なハードウェアや、事業所ごとのソフトウェアのインストールが不要となり、インターネットに接続できるパソコンがあれば、容易に利用することができます。初期費用をおさえ、短期間での利用開始を可能にします。

  2. 無線通信機内蔵のデジタコで、ドライバーの作業効率化とリアルタイムな運行管理を実現

    車両の運行情報やドライバーの作業情報を、無線通信を利用してデジタコから自動的に当社データセンターに送信することで、ドライバーの作業効率化およびリアルタイムな運行管理を実現できます。

  3. 高信頼の当社データセンターからのSaaS提供

    車両の運行情報やドライバーの作業情報などの各種データは、堅牢なファシリティ管理と万全なセキュリティ対策を施した、当社クラウドサービスのビジネス基盤であるデータセンターで管理することで、お客様は安心して利用することができます。

 

販売価格、および出荷時期

製品名 販売価格(税別) 出荷時期
TRIAS/TR-SaaS 3,200円から/月 即日

無線通信機能付デジタコ1台あたりのサービス利用料です。

販売目標

2012年度末までに100億円(無線通信機能付デジタコとSaaS型運行支援システムの販売目標です。なお、当社の決算期は3月末日です。)

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

  注1 デジタルタコグラフ:
国土交通省の規格認定を受けた記録計。「速度」「距離」「時間」だけでなく、GPSレシーバを標準搭載し、作業場所などの正確な位置情報も記録可能。

関連リンク