日本システムウエア/SaaS型入出庫在庫管理システムの提供開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本システムウエア/SaaS型入出庫在庫管理システムの提供開始

NSW、SaaS型入出庫在庫管理システムの提供開始

?低コストで効率的な物流品質向上を実現?

2010年8月23日

独立系ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:青木正)は、短期間で効率的な物流業務を実現する入出庫在庫管理システム「ORBIS(オービス)」シリーズの最新バージョン「ORBIS-?倉庫管理」において、このたびSaaS型での提供を開始しました。「ORBIS-?倉庫管理for SaaS」は、従来の導入構築型と比較して安価かつ容易なシステムの利用が可能となり、中小規模の物流関連企業における物流品質の向上を実現します。

近年、物流業界においては、業者間の競争激化により一層のコスト削減が求められ、さらに荷主からのサービス要求水準も高まっています。これを解決するために、より優れたWMS(Warehouse Management System※1)の構築が欠かせません。また、「庫内作業の精度向上、効率化を低価格で実現したい」「保守契約や障害対応など自社でのサーバ管理が負担」「システム資産を圧縮したい」などの要望も中小企業を中心に大きくなっています。「ORBIS-?倉庫管理for SaaS」はこれらの課題を解決するWMSとして、初期費用を大幅に抑えてご利用いただけます。また、インフラ環境はNSWのデータセンター上に構築しているIaaS型ホスティングサービス「BlueSpider」(※2)を利用しているため、導入企業におけるサーバ管理が不要となり、システム管理担当者の業務負荷軽減にも繋がります。
 ※1 倉庫や物流センターにおける一連の業務を効率化するための総合管理システム
 ※2 ITリソースの提供から監視、運用、障害対応まで一貫したサポートサービスを提供

■「ORBIS-?倉庫管理」(http://www.nswasp.com/orbis/)について

短期間で効率的な物流業務を実現する入出庫在庫管理システム。システムに不慣れな担当者でも直感的に操作可能な画面の見やすさ、機能の充実に加えて、WMSに求められる様々な荷物に対応できる柔軟かつ細やかな在庫管理、品質向上を実現しています。
主な機能
・【在庫管理】ロット管理/ロケーション管理/在庫等級・荷姿の管理
・【保管業務の品質向上】賞味期限管理/不良在庫・適正在庫管理
・【ピッキング】トータルピッキング・シングルピッキング/種蒔方式・摘み取り方式
・【棚卸】棚卸リストの出力/棚卸差異の入力
 ※ 「ORBIS」シリーズは、WMSとして20年以上にわたり400ライセンス以上の導入実績があります。 

本サービスの提供価格は、初期費用150,000円?、月額費用98,000円?となります。また、SaaS型の他、独自のカスタマイズにも対応可能なIaaS+導入構築型、各種オプション機能や初期導入サポートメニューなどもご用意し、ニーズに合わせてご利用いただけます。

以上