ローソン/クオールと共同で調剤薬局併設型コンビニエンスストアをオープン|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ローソン/クオールと共同で調剤薬局併設型コンビニエンスストアをオープン

「ナチュラルローソン城山トラストタワー店」オープン
ローソンとクオールによる
調剤薬局併設型コンビニエンスストアが完成


 株式会社ローソン(東京都品川区、代表取締役社長CEO 新浪剛史/以下「ローソン」)とクオール株式会社(東京都港区、代表取締役社長 中村勝/以下「クオール」)は、薬剤師の高い専門性とコンビニエンスストアの利便性を兼ね備えた、新しい形態の調剤薬局併設型コンビニエンスストア「ナチュラルローソン城山トラストタワー店」を8月2日(月)にオープンいたします。

 ローソンは、2003年に調剤薬局併設型コンビニエンスストアを開店し、その後も研究を続けてまいりました。今回、これまでの成果とクオールの持つ専門性の高いノウハウを活かし、更に進化した調剤薬局併設型コンビニエンスストアが完成いたしました。

 薬事法の改正により、コンビニエンスストア等におけるOTC医薬品販売の道が開かれました。「ナチュラルローソン城山トラストタワー店」はOTC医薬品の販売だけでなく、調剤薬局での医療機関処方せんへの対応、薬剤師による健康相談など専門性の高いサービスを提供いたします。さらに、ナチュラルローソンの持つ健康をベースにした商品開発力による医食同源を追求し、付加価値の高い商品やサービスの提供を目指してまいります。

 クオールがローソンとフランチャイズ契約を結び「ナチュラルローソン城山トラストタワー店」を経営いたします。この1号店を皮切りにして関東地方を手始めに、調剤薬局併設型コンビニエンスストアを順次拡大してまいります。


【ナチュラルローソン城山トラストタワー店の特徴】
・店舗内に調剤コーナーを設置し処方せんに対応
・薬剤師による高度専門情報の提供と医薬品に関するカウンセリングサービスの実施
 ※薬剤師不在の時間帯には、テレビ電話で店舗とクオールのコールセンター
  (24時間薬剤師が常駐)を結び、同様のサービスをご提供いたします
・商品は通常のコンビニエンスストアの取扱商品のほか、ヘルスケア関連の商品を強化
 (総品揃え数約3,000アイテム/医薬品数約220アイテム)
・第1?第3類の医薬品販売(第2?第3類の医薬品は24時間販売を予定)

【ナチュラルローソン城山トラストタワー店の概要】
 店舗名 :ナチュラルローソン城山トラストタワー店
 住所   :東京都港区虎ノ門4?3?1 城山トラストタワー1階
 営業時間:24時間/薬剤師が店舗に駐在する時間(調剤対応):8:30?19:00
       ※薬剤師不在の時間は調剤薬局部分はクローズ
        (医薬品に関するカウンセリングはテレビ電話にて受付いたします)
       ※第2?第3類の医薬品は24時間販売
 店舗面積:70坪(調剤コーナーは12.7坪)
 オープン日:2010年8月2日(月)午前10時

【クオール薬局とローソンの取組み】
 2008年12月 業務提携締結
 2009年06月 人材交流開始
      ・クオール薬局からローソンへ14名出向
      ・ローソンからクオール薬局へ3名出向
      ・テレビ電話を活用した薬剤師のカウンセリングサービスを4店舗で開始
 2010年08月 「ナチュラルローソン城山トラストタワー店」オープン